Hatena::Groupdaichan330

趣味には偏ってないだいちゃんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-01-17

はてなアイデアの昨今の閉塞感について考える

| 19:24 |  はてなアイデアの昨今の閉塞感について考える - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  はてなアイデアの昨今の閉塞感について考える - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  はてなアイデアの昨今の閉塞感について考える - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

最近ここではうごメモとかばかりになってきていますが、久々にアイデアネタを投下してみようと思います。

この所、はてなアイデアの状況はと言うとこちらでも議論が交わされていますが、どちらかというと「閉塞感」が高まりつつあるようで、例えば以下のような「はてなアイデアを何とかしろ」というタイプのアイデアが徐々に多くなりつつあります。

ここでは現状について少し考えてみようと思います。

実際アイデア処理数はどうなっているのか

はてなアイデアのトップページでは、アイデア登録数とアイデア処理数が表示されています。

まずアイデア登録数は以下のような感じ。

f:id:daichan330:20090117192131p:image

新サービスリリース直後の変動はありますが、通常時期は大体1日10件程度が現状の平均です。

一方、アイデア処理数はというと以下のようになっています。

f:id:daichan330:20090117192130p:image

ここのアイデア処理数は「実装済」とされたものなので「他の方法・検討中」「見送り」で処理されたものを合わせると増えますが、それを加味しても直近3ヶ月の処理数はそれ以前と比べると鈍いという印象を受けます。

なぜ処理数が減ったか

推測して考えられるのは以下2点です。

新規サービスのリリースラッシュ

ここ3ヶ月間を見ると11月に新はてなブックマーク、12月頭にはてラボの3サービス、12月末にうごメモはてなと立て続けに新サービスが発表されました。そのため、新規開発側に人員が動員されてしまい、純粋にメンテナンスに割ける人員が足りていないのでは?という不安があります。

「うごメモはてな」の管理に対する労力

「うごメモはてな」の通報システムはあくまでも最終的には「人が見て判断する」様式となっています。しかし現状はというと、サービスリリースからたった16日間で投稿作品数が10万件を超える状況となっており、スケールがこれまでのはてなのサービスとはかなり異なってきています。

動画チェックは全て観ないことには判別できない場合もあり、時間のかかる作業であることは容易に見当がつきます。またやはりこの手の作業は開発側主導ではなくサポート側主導となっている可能性は高いと思われます。となるとアイデア管理に割ける時間も自ずと減ってきてるのではという不安があります。


ただ、上記のような「はてなサポート側の処理能力よりオーバーフローしている」という内容はこれまでもはてなアイデアに関してはしばしば言われてきたことです。はてなスタッフも以前よりは倍増した(2008年末でスタッフは60人位になっていると聞いています)訳ですし、単純にオーバーフローだけが原因なのかと考えると少々疑問が残る所ではあります。

処理数が減ることによる悪循環

はてなアイデア」は元々ユーザ側がアイデアに対してベットしたポイントに対して、はてな側が検討・しかるべき処置を行いそれに見合ったポイントを配当するというシステムとなっています。

現状アイデアが検討されるためには一応「アイデアのポイントを1000株にする」ことが暗黙の条件となっています。(これはアイデアを1000株にすると、はてな内部にメールが流れることに起因しています。)

しかし、上記はあくまでも「検討される可能性がある」ということであり「1000株アイデアが全て処理される」とはなりません。

そうは言いつつも、結局「検討してもらうためには対象のアイデアを1000株にしてもらわないといけない」のですが、現状のように処理されるアイデア数が減ってくると、はてなアイデアからの配当も減る訳で、最終的にはジリ貧状態となってしまいます。

上記の問題に対しては、これまでも以下のような施策が行われてきたりしました。

これらの施策は過去一定の効果はあったのですが、長続きしていないのが現状です。1日の新規アイデア数がほぼ一定数で推移しているため、やはり定期的に処理・配当が行われないと悪循環が生じてしまう状況となっています。

アイデアよりも声が大きい方が優先して対応される?

ここ最近の状況を見ると、実は「アイデアよりも声が大きいユーザが一筆書いた方が優先対応されるのでは?」と思われる事例もいくつかありしました。

接続しにくいのにメンテナンス画面?

これまでメンテナンス画面では実際のメンテナンス以外にも繋がりにくい場合などでも出力されており、はてなアイデア上でも過去問題を呈しているアイデアが下記を含め数件ありました。

しかし上記の現象が新はてブで顕在化したことからダイアリーなどでも昨年12月頃に話題となり、下記などで取り上げられた結果、即座?に対応されました。(今は「接続しにくい」と表示される画面になっている。)

Flash ver.10でダイアリーのバックアップ機能が動作しない

Flash ver.10でダイアリーのバックアップ機能が動作しない問題は、はてなアイデア上(だけでは無いですが)では2008年10月頃から話題になっていました。

しかし、この不具合3ヶ月程対応されないままでしたが、はてな界隈では有名なamachang氏が該当する以下のエントリを書かれた所、すぐさま修正されました。

Flash 10 で「はてなダイアリー」の「バックアップ機能」が使えない件とその原因 - IT戦記

ブクマのお気に入りユーザ登録時メッセージ

昨年末にとっかかりがあり、1/10辺りに対応されていますが、この話題も実際ははてなアイデアに該当するアイデアが立てられたとはいえ「本当にアイデアが起因になったのか?」は微妙な所です。

そして未だ対応されない「わんわんワールド」の地図問題

はてなアイデア

はてラボのサービスとはいえ、昨年の11月頭に立てられてから全く音沙汰が無い状況となっています。色々と話題には挙げられていたのですが、結局対応されていません。そして「廃止済では」のタグさえ付けられる状況となっています。


以上の4件はあくまでも一例ですが、確かにはてなアイデアはサポートを一旦通す必要(はてなアイデアの管理はサポート業務となっている)があるため、直にダイアリーなどでトラックバック等を行う方が対応されやすい側面があるのかもしれません。

ただし、現状のはてなの方針としては「脆弱性・緊急性のある不具合はお問い合わせから、それ以外の不具合についてははてなアイデアから」となっています(多分)。

以上を踏まえると、はてなアイデアの意義が根本的に問われることになります。また「アイデアより他からの言及が優先されて不具合対応が行われる」ような事例が度々あると、アイデアユーザ側も「どうせ対応されない」とモチベーションが下がる要因の一つとなる可能性があります。


最後に

あくまでもはてなアイデアは「ユーザーの皆さんから要望や不具合報告を効率的に頂くことを目的とした試験的サービス」とあるので、アイデアを使わなくても良いのかもしれません。

ただ現状は「お問い合わせ」や「サポート掲示板」より不具合を問い合わせても「アイデアに記載してください」とサポート側から回答される場合もあったり、「お問い合わせ」からの不具合報告がid:hatenasupportからはてなアイデアとして立てられたりと、不具合・要望の報告は「はてなアイデア」主動となる状況が形成されています。

この状況にも関わらず、はてな側からのポイント返還が行われないようでは、最終的にはてなアイデアのシステム自体が破綻してしまうことになります。尤も「不具合報告は別の方法にした方が良い」「はてなアイデアを廃止すべき」等の意見もありますが。

現状の「はてなアイデア」を使い続けるのであれば、例えば以下のことを施策として行ってみた方が良いのでは?と提案だけして締めたいと思います。


  • ユーザが付けた実装済では「他の方法」ではのタグを処理する。
    • 関連:はてなアイデア
    • 既に対応済とユーザ側で認識されているため、確認作業は平易だと思われるのになぜか対応されない。
  • 「廃止済では」タグ扱いされているサービスの早急な存続検討
    • 特に「わんわんワールド」はかなり重度の高い不具合が放置されており、このまま存続できるのかどうかすら怪しい状況です。(「はてなミュージックメソッド」に近い状態で放置されている。)
  • 1000株に到達していない過去の「要望中」アイデア(1年以上前のもの)は無条件でポイント返還(要するに「他の方法・検討中」)する。
    • 暴論かもしれませんが、現状のはてなの方針(1000株達成アイデアのみを検討する)に即してないまま大量に埋もれているアイデアを引きずっている必要はあるのでしょうか?「1000株未到達」という簡単な基準で裁定できるため、母数が多い(現状の「要望中」アイデアは約7400件あり、そのうち1000株に到達しているアイデア数は2400件程度)ことのみが問題であり、1ヶ月程度のスパンで考えれば力技で十分可能な数はないでしょうか?

以上で終わりたいと思います。


1/18追記

今更「はてなアイデア」を使ってみよう的なエントリ」を書きました。

なぜかホッテントリから消失したので一応ここに載せておきます。

ゲスト



トラックバック - http://daichan330.g.hatena.ne.jp/daichan330/20090117