Hatena::Groupdaichan330

趣味には偏ってないだいちゃんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-12-14

4年目のはてなハイクを振り返る

| 01:03 |  4年目のはてなハイクを振り返る - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  4年目のはてなハイクを振り返る - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  4年目のはてなハイクを振り返る - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

はてなハイク」は12月13日にβサービス開始から、12月15日で正式サービス開始から4周年を迎えました。

そこで、今年も改めて4年目のはてなハイクを振り返ってみようと思います。

※昨年のエントリ:3年目のはてなハイクを振り返る

総エントリ数・ユニークID数の状況

4年目の「統計」キーワードにおけるはてなハイクの総エントリ数・ユニークIDは以下のようになります。

(左側が1年間、右側が「統計」全期間)

総エントリ数

f:id:daichan330:20111213160723p:image:w240:h180f:id:daichan330:20111213160648p:image:w240:h180

ユニークID

f:id:daichan330:20111213160555p:image:w240:h180f:id:daichan330:20111213160518p:image:w240:h180

昨年は両者とも漸減でしたが、今年はほぼ全期間に渡り両者とも漸増という結果になりました。

ユニークID・総エントリ数漸増の原因を探る

今年、ユニークID・総エントリ数が共に漸増している原因は主に以下の理由が考えられます。

3年目にしてようやくの「はてなハイク1.1」

今年、「はてなハイク」はサービス開始から3年を迎えて初のマイナーバージョンアップが行われました。

昨年12月中旬~今年2月中旬にかけて約2ヶ月間という「はてな」にしては珍しく長期間のβテストが行われ、要望されていた数々の不具合修正・新機能などが実装されました。

マイナーバージョンアップにより、これまで使い辛かった部分も改善され、概ね使いやすい環境になったのではないかと思います。

実際に「はてなハイク1.1」βテスト中のユニークIDは漸増しており、「はてなハイク」を使う利用者が単純に増えたことが伺えます。

低年齢層ユーザの流入

サービス面では上記のマイナーバージョンアップが挙げられますが、ユーザ視点から考えると今年の「はてなハイク」は特に低年齢層ユーザ流入が目立ったように思います。

現状のはてなハイクのトップページ(新着)上でも、低年齢層ユーザと思われるエントリが増えており、全体の割合も(きっちりと調査はしていませんが)多くなってきています。

今年になって低年齢層ユーザがより「はてなハイク」に流入した詳細な理由は不明ですが、単純にはてなユーザの総数も「うごメモはてな」サービス開始以降は開始以前と比べてもかなりの勢いで増加しており、単純にその余波を受けたとも考えられます。*1

古参ユーザの流出減少

今年は「はてなハイク1.1」のマイナーバージョンアップなどもあり、前年に比べるとやはり古参ユーザの流出が少なくなったことも一因として挙げられます。

全体的にも古参ユーザ絡みの揉め事なども以前に比べると表向きには減っているように見受けられます。

また、昨年悩みの種の一つとなっていたスパムエントリの横行についても、「はてなハイク1.1」で追加された長文投稿省略・規約違反通報ページの整備・各種スパムへの対処などによりかなり減少し、タイムラインをスパムで占拠されることもほぼ無くなりました。

これらに加えて、低年齢層ユーザ流入などで全体のタイムラインが若干活性化したことも古参ユーザ流出の歯止めをかけた一因として考えられそうです。

ハイクユーザーの投稿傾向とのマッチング

それでもユニークID数は震災以降ほぼ横ばい状態でしたが、9月末~10月以降を境にして再び漸増してきています。*2

これは低年齢層ユーザの流入も理由として挙げられそうですが、もう一方で「はてなハイク」におけるユーザの一般キーワードへの投稿傾向との関連性も考えられます。

はてなハイク」のユーザの一般キーワードへの投稿が多くなる傾向としては、以下2点があります。

  1. 各種行事・イベント(直近では「皆既月食」など)
  2. テレビ番組実況(ゴールデンタイムのドラマや映画、スポーツ)*3

特に今クール(2011年10月~12月期)は「家政婦のミタ」を筆頭に視聴率の高い番組が多く放送されています。その影響で「はてなハイク」でも実況ユーザが増え、ユニークIDが増加した可能性があります。

ただし、これら各番組は12月で終了するため、ユニークIDの漸増が一過性であることが考えられます。次クールが始まる来年にかけて状況を継続して精査する必要があります。

5年目はどうなる?

さて、「はてなハイク」もとうとう5年目を迎えることになりました。(それでも各種サービスの稼働時間を考えると短い方ではあります。)

5年目はどうなるかについて、いくつか考えてみたいと思います。

更なる低年齢層ユーザの流入

まず最も考えられそうなものとして、更なる低年齢層ユーザの流入が考えられます。

はてな」のユーザ層は大まかに「はてなダイアリー」「はてなブックマーク」を中心とした大人ユーザ(20代後半以降)層、「うごメモはてな」を中心とした低年齢ユーザ層とに大別される傾向があります。

その中で「はてなハイク」は「人力検索はてな」「はてなココ」などと同様、どちらにも大別されない層のサービスに位置しています。

(twitter疲れなどを理由にした)大人ユーザの参入も考えられますが、そちらに比べると今後は低年齢層ユーザの流入が圧倒的に多くなることはおそらく避けられないでしょう。

そうなった場合、今後これまでの古参ユーザと新規低年齢層ユーザとの軋轢をどのように解消していくかは課題の一つとして挙げられるかもしれません。

一方で、これまで古参ユーザ的な考えとしては「はてなハイクtwitterと対立する場所」という風潮がありましたが、別の方向性からは「低年齢ユーザがtwitterに参入する前の準備場(悪く言うと「踏み台」)としてのはてなハイク」という捉え方をすることができるかもしれません。

どちらにしても、低年齢層ユーザの流入が「はてなハイク」にも波及している現状を踏まえて、はてな管理者が何らかのアクションを起こす(抑制ではなくセールスポイントとして上手く活用する)頃合に来ているのかもしれません。

新規サービスラッシュの犠牲になる可能性

この1ヶ月間ほど「はてな」は「はてなブログ」を筆頭に、はてなブックマークの新ユーザページ・「はてなまとめ(仮)」と、(どれもβサービスですが)複数の新規サービスやリニューアルラッシュを行ってきました。

これらの新規サービスには人的リソースが割り当てられるのは当たり前なので、そう考えた場合既存の余り活用できないサービスはどうしてもおざなりになる可能性があります。

はてなハイク」は単独として使用可能なサービスである反面、副次的な他のサービス(フォトライフなど)に比べるとやはり犠牲になる可能性が高くなることが考えられます。

来年の運用次第によっては「もしかすると…?」という状況は常に孕んでいるとも言えます。

ただ、twitterなどの他社サービスなどと比べると圧倒的に「はてな」のサービス絡みの発言などは投稿しやすい土壌は出来上がっており、事実「人力検索」のキーワード(h:keyword:人力検索)などでは「人力検索はてな」利用者による投稿をはてなスタッフがフィードバックに利用している節も見受けられます。

このような「フィードバック用途としてのはてなハイク」を現行以上に上手く活用できるようになれば、ユーザ側・はてな側双方に有用な場として「はてなハイク」が機能するようになるかもしれません。

最後に

ここまで4年目の「はてなハイク」を振り返ってきましたが、今年はバージョンアップなどを含めて前年に比べるとサービスの先行きそのもののが不安になるという状況自体は改善したという印象があります。

一方で、今年は低年齢層ユーザの流入が目立つなど、今後の方向性を新たに模索するような状況も垣間見えるようになってきました。

今後「はてなハイク」がサービスとしてどのような方向を目指すかを考える上で運用開始から5年目となる来年は一つのポイントとなる年かもしれません。

*1:「人力検索はてな」なども今年5月のリニューアル以降、更に低年齢層ユーザが質問・回答の割合が多くなる傾向が見られます。

*2:6月頃と12月頃を比較すると、「統計」における週間でのユニークID比較でも大体10%近く増えています。

*3:一方、「はてなハイク」でのアニメ実況はニチアサが主流ですが、現状は多数派ではありません。今年の深夜アニメの実況で目立ったのは「h:keyword:魔法少女まどか★マギカ」程度です。