Hatena::Groupdaichan330

趣味には偏ってないだいちゃんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-01-28

はてなハイク→twitter転送ツール「Haiku2Twit」を使いこなす

| 15:32 |  はてなハイク→twitter転送ツール「Haiku2Twit」を使いこなす - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  はてなハイク→twitter転送ツール「Haiku2Twit」を使いこなす - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  はてなハイク→twitter転送ツール「Haiku2Twit」を使いこなす - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

今回ははてな本体とは少し離れて、「Haiku2Twit」というサービスを紹介したいと思います。

Haiku2Twit

Haiku2Twitとは?

Haiku2Twit」とはid:Akkiesoftが作成した「はてなハイク」から「twitter」に投稿を転送するサービスです。

f:id:daichan330:20110128135717p:image

一定間隔(現状は5分)で「はてなハイク」のエントリを確認し、「twitter」に自動でそのエントリを転送投稿します。

例えば、「はてなハイク」上で以下の投稿をすると、

f:id:daichan330:20110128135516p:image

twitter」上に以下のような内容でエントリが転送されます。

f:id:daichan330:20110128135625p:image


登録

Haiku2Twit」は以下のボタンから登録することができます。

f:id:daichan330:20110128135734p:image

登録時には、はてなハイクのアカウントとAPIパスワードが必要です。


転送設定

Haiku2Twitではtwitterに対して転送するエントリを個別に設定することができます。

キーワード別の転送設定

まず、「はてなハイク」のキーワード別に転送設定することが可能です。

f:id:daichan330:20110128135913p:image

「すべてのキーワードを転送」「指定したキーワードのみ転送」「指定したキーワードを転送しない」の3パターンがあり、後者2つは下のフォームでキーワードのリストを設定することができます。

IDページ(About)を設定したい場合はid記法のような記載形式で指定することができます。

なお、ワイルドカードは指定することができません。

IDページ・ID記法の転送設定

現状、ID記法を「twitter」上で記載した場合、「はてなダイアリー」の対象ユーザのダイアリーにトラックバックされる仕様*1になっています。

はてなダイアリーとTwitterを連携する - はてなダイアリーのヘルプ

そのため、「はてなハイク」上のエントリをそのまま「twitter」に転送すると、IDページ(About)やID記法のままだとトラックバックされてしまいます。

Haiku2Twitではこのトラックバックを抑止する設定を選択することができます。

f:id:daichan330:20110128135933p:image

設定した場合、IDページやID記法については、コロンを半角から全角に自動変換することができます。

f:id:daichan330:20110128145853p:image

from別の転送制限

はてなハイク」ではエントリのfrom欄で送信元を判別することができますが、Haiku2Twitではfrom欄の内容に応じた転送設定ができます。

f:id:daichan330:20110128140010p:image

これにより、メールからの投稿はtwitterに転送しないなどの設定ができます。

返信エントリの転送制限

ReplyエントリをHaiku2Twitで転送しない設定をすることもできます。

f:id:daichan330:20110128140027p:image


ハッシュタグ設定

Haiku2Twitでは「twitter」に転送する際にハッシュタグを1個付加することができます。

f:id:daichan330:20110128140041p:image

ハッシュタグの付加設定をした場合、「twitter」ではエントリの末尾に自動で付加されます。

f:id:daichan330:20110128145808p:image


転送内容に関するあれこれ

長文について

はてなハイク」は長文が投稿できますが、「twitter」では140文字しかエントリできません。

そのため、「はてなハイク」の長文については「twitter」上では先頭の部分のみが表示されます。*2

全文についてはエントリの後ろに付加される短縮URLからはてなハイクの該当エントリを確認できるようになっています。

チェック間隔に複数エントリ投稿された場合

Haiku2Twitは5分に1回「はてなハイク」のエントリをチェックしています。

チェック間隔に複数のエントリが「はてなハイク」に投稿された場合は、最新のエントリのみが転送されます。

ただし、エントリの末尾に下記のように「他○件」が表示されます。

f:id:daichan330:20110128150516p:image

画像エントリが投稿された場合

はてなハイク」で画像を含むエントリが投稿された場合、画像のURLはそのまま表示されず、以下のように(画像有)で転送されます。

f:id:daichan330:20110128151000p:image

動画エントリが投稿された場合

はてなハイク」でYoutube,ニコニコ動画の動画を含むエントリが投稿された場合、省略URLの形式で転送されます。

f:id:daichan330:20110128151403p:image

個別にエントリを転送したくない場合

はてなハイク」でキーワード別の転送設定以外に個別にエントリを転送したくない場合、以下のようにエントリの末尾に「!notw」と入れることで転送されなくなります。

f:id:daichan330:20110128151746p:image


終わりに

今回は「Haiku2Twit」というサービスを紹介しました。

本サービスは「はてなハイク」も使いつつ「twitter」にも転送されるもので、両方使うユーザには投稿の手間がかからず便利だと言えます。

一方で、「はてなハイク」と「twitter」を明確に使い分け(演じ分け)しているユーザには向きません。

なお、本サービスは「Hatena Developer Center」の事例集にも登録(ユーザ登録としては第1号)されており、はてな公式認定となっています。

事例集 - Hatena Developer Center

*1:@の仕様と思われます。

*2:投稿されたキーワード名などによって表示されるサイズは異なります。