Hatena::Groupdaichan330

趣味には偏ってないだいちゃんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-23

「はてなハイク」というコミュニティについてもう少し書いてみる

| 20:30 | 「はてなハイク」というコミュニティについてもう少し書いてみる - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「はてなハイク」というコミュニティについてもう少し書いてみる - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 「はてなハイク」というコミュニティについてもう少し書いてみる - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

先週「「はてなハイク」というコミュニティの現状」というエントリを書きましたが、ブクマコメント等で色々と反応があったので、もう少し書いてみようかと思います。


はてなハイクの良い所って何よ?

ブクマコメントで「良い所はどこ?」とありましたが、よく見かける意見としては、「ミニブログなので手軽に投稿できる」「お絵描きできる」「動画が貼れる」「写真が載せられる」…等々かなと思います。しかしこの程度なら別に「twitterでええやん」「pixivでええやん」…という意見が出てくる訳で、それを抜いて考えた場合「一体何だろう?」という話になります。


「よく分からない」所がはてなハイクの良い所

結局1年半ほど使ってきて思い当たった所は、

だけど、はてな全体のよくわからない感じがハイクには凝縮されてるようにも思う。

はてなハイクへようこそ! - activeエレン

にも書かれていますが、その「何なのかよく分からない感じ」そのものが「はてなハイク」としては一番良い所ではないかと思います。

実際に「はてなハイク」として投稿できる内容は「文章」「写真」「イラスト」「動画」とミニブログとしては幅広い内容が投稿できます。また「文章」として投稿できる内容の幅は、1行のみの短文から65000字までの長文までとかなり広いです。またこれらの内容を組み合わせて、エントリを構築することもできます。

このような幅広い内容がトップページであるpublic_timeline、キーワードを軸としたkeyword_timeline、ユーザ用のuser_timelineなどに集合されて表示される訳ですから、各種timelineの内容はかなり混沌とした状態になります。その「混沌」=「カオス」こそがはてなハイクの一番の魅力であり、はてなハイクの本質ではないかと思います。


はてなハイク」は議論にも向いている

先のエントリで「「はてなハイク」というコミュニティでよく話題になりがちな内容」の中に「議論ウザイ」というものがあることに触れました。しかし実際のはてなハイクのインタフェースは、「ミニブログ」でありながら以下の通り、かなり議論向けの構成になっていることが伺えます。

  • キーワードによるお題の固定化
    • 議論のブレを極力減らすことができる。
  • keyword_timeline をユーザが共有できる。
    • キーワードページ上で流し読みができ、ユーザ間の意思疎通が図りやすい。
  • 1エントリに65000文字書くことができる。
    • 100字のブクマコメント・140字のtwitterなどのように文字数制限による内容構成を考えず、自分の思ったことを書ける。
  • Reply機能で相手に対して、直接反論・同調することができる。
    • 増田やダイアリー・グループ日記のようなトラックバックという面倒なことをしなくて良い。
  • ID名でエントリを投稿できる。
    • 増田のような投げっ放しな匿名エントリではなく、ID名を出して意見を書くことができる。
  • 携帯でもエントリを投稿できる。
    • 増田やグループ日記などは携帯からエントリが投稿できない。それに比べて手軽である。

使っていてしばしば見かける「はてなハイクは議論に向かない」「議論が発生し辛い」という意見は、あくまでも「議論に向かない」という空気がリリースから1年半の間に醸成されてしまったからであり、本当はと言うと「はてなハイク」は「はてな」の各種サービスの中でもかなり「議論」に向いているサービスではないかと思います。


はてなハイクにおける「はてなスター」のプラスモデレーション

はてなハイク」は「twitter」とよく比較されて扱われますが、相違点の一つに「はてなスター」と「fav」の違いがあると思います。どちらも同じような共感・評価系*1の機能ではありますが、「twitterでのfav」は本人から(ツール等を使ったりしないと)見ることができないのに対し、「はてなハイクでのはてなスター」は標準状態で見ることができます。

標準で視覚化されてることにより、ミニマムな「スター経済」が「はてなハイク」に発生していない訳ではありませんが、作品への評価にはてなスターが使われている「うごメモはてな」と比べて、はてなハイクでのはてなスターは評価よりも共感的な意味で使われている傾向が高いです。

先のエントリで「おはよう」や「おやすみ」におけるはてなスター付加の特殊性を挙げましたが「共感」の部類が濃縮されたようにも感じられます。

そういう意味では以前id:ululun氏が書かれた以下のエントリが「はてなハイクというコミュニティ」における「正の方向性」としての本質なのではないかとも思います。

はてなハイクの「おはよう」になにげないエントリを書いたら、スターがついた。

嬉しかった。

ハイクって良いじゃん。

no title

public_timelineが「使い物にならない」ようになれば見晴らしが変わる

先のエントリでも書きましたが、「はてなハイク」はアクティブユーザ数が1200程度という「はてな」全体としては超が付く程の弱小勢力であるといえます。そしてそのアクティブユーザの少なさこそが、public_timeline、いわゆる「トップページ」を「見ることができる」状態にし、public_timeline 信仰を重んじるユーザがいわゆる自治に乗り出す状況が形成されています。

そのため、ユーザ数の投稿数が増加し「public_timelineが使い物にならない」状況になれば、コミュニティを俯瞰した際の見晴らしもだいぶ変わり「はてなハイク」というサービスの本質がもっと見えてくるのではないかと思います。

しかし、サービス稼動から1年半でアクティブユーザ数が1200という現状のままでは、ユーザ数が急激に伸びる可能性は何らかのテコ入れをかけない限りかなり低いのではないかと思います。今のままでも居心地の良いユーザにとっては居心地の良い場所が続くのでしょうが、一方でハイク自体における「一見さんお断り」のムードによる停滞感は更に強まり、結果的に「はてな」全体から見た場合の孤立したコミュニティとなるのではと思います。

最近のはてな側の状況を見ると「My はてな」を主軸にサービス間連携を強める節も見受けられます。しかしコミュニティが孤立してしまうと、その際に障害となる可能性があります。

今後どうなるかは分かりませんが、「はてな」側から見た場合も何らかの手を打つべき時に来ているのかもしれません。


終わりに

色々と書いてきましたが、余り個人的には「ハイクって面白いですよ!」と書くと、どうにも胡散臭い感じにしかならないでこれ位のトーンで書いてみました。

時々ハイク関連のエントリで「何書いていいのか分からん」という意見を見かけるのですが、はてなハイク自体が上記にも書いた通り、色んなエントリが混じり合った「カオス」な場であると思うので、「何でもいいんじゃないの」という感じにしか言えません。

一例を挙げさせていただくならば、「数学ガール」などで有名な結城浩(h:id:hyuki)氏などは、最近「はてなセリフ」で生成したセリフを「おやすみ」に毎日貼り付けられていたりします。こういうちょっとした形で使われている方もいらっしゃいます。

先のエントリも合わせて、興味を持っていただいた方がいらっしゃいましたら、以前書かせていただいた「うごメモからはてなを使い始めたユーザのために「はてなハイク」の使い方を簡単に説明してみる」なども参考にしていただければ幸いです。


関連

*1:それだけに用途は限定される訳ではありませんが。

2009-06-21

うごメモはてなの通報システム仕様変更について考察する

| 00:44 |  うごメモはてなの通報システム仕様変更について考察する - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  うごメモはてなの通報システム仕様変更について考察する - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  うごメモはてなの通報システム仕様変更について考察する - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

先週金曜日に「うごメモはてな」における通報の仕様が、これまでの1作品の通報に対して、5はてなポイントの付与からグリーンスター1個の付与へと変更になりました。

不適切な作品やコメント、チャンネルへの通報

通報を受けた作品などをはてなにて確認し、不適切であると判断して非公開とした場合に、その作品について最初に通報いただいた方にグリーンスターを1個付与します。

これまでははてなポイント5ポイントを付与していましたが、本日からカラースターに変更しました。

ランキングの入賞などうごメモの利用でカラースターがもらえるようになりました - うごメモはてな日記

あまり「はてな」全体では現状話題になっていないこの仕様変更について、色々と考察してみたいと思います。


はてな」としては珍しい仕様変更までの取り組み

本仕様変更ですが「はてな」としては珍しく仕様変更までに3週間をかけ、以下のような4ステップで内堀から順に埋めていくという形で広報が行われています。

【6月第1週】

うごメモ作品への通報を行っている上位20名のユーザに対して仕様変更を通知

【6月第2週】

2009/05/01からうごメモ作品への通報を行ったユーザに対して仕様変更を通知

はてな全体への仕様変更を通知

不適切な作品を通報いただいた方へのはてなポイントの付与をカラースターに変更します - うごメモはてな日記

【6月第3週】

仕様変更の実施

ランキングの入賞などうごメモの利用でカラースターがもらえるようになりました - うごメモはてな日記

これまでの「はてな」と言えば、予め通知が行われないまま仕様変更を行ったりすることが多く、仮にその変更が改悪だと見なされた場合、ユーザの不満がはてなブックマークなどで爆発することがたまに(?)ありました。しかし、本仕様変更は上記を見ても「はてな」側がかなり気を遣っていることが分かります。


本仕様変更になぜこれ程気を遣っているか

元々「うごメモ作品の通報にはてなポイント付与」という仕組みは2009/01/23の以下の広報からスタートしています。

不適切な作品を通報いただいた方に「はてなポイント」の付与を開始します - うごメモはてな日記

本告知に対するブックマークは100ユーザ以上になっていますが、ブックマークコメントの大半は嫌儲を表明するものになっています。それもそのはずで、元の仕様では「1はてなポイント=1円」という仕組みであり「金銭を付与する」という構図に当てはまっていた訳です。

上記の時の批判を受けて、今回の通報対価をグリーンスターへと変更する仕様の変更も数週間をかける事態になったのではないかと思います。


では、現状うごメモ全体での通報状況はどうなっているのか?

と考えた場合、最初の内堀を埋める広報のステップが「通報件数上位20名」となっている所からも、実際に「ポイントを稼ぐ目的で通報していたはてなユーザ」はかなり少数ではないかと考えられます。

通報システム上「1作品につき5はてなポイント」ですから、相当数通報しないと本当の意味で「稼ぐ」という所まで到達するのは難しい仕様となっていました。

「うごメモはてな」のコミュニティ自体も本通報システムが実装される前や直後はと言うと、2008年末に発生した「悪神」騒動、「出会い系」に関するうごメモ騒動があったり、ざっと見渡しても残虐系・エロ系などに該当すると思われる作品が多く見受けられました。

ですが、既にサービスの開始から半年が経過し、「うごメモはてな市民」の銀バッジユーザ*1もちらほらと見かけるようになった現状はと言うと、「うごメモはてな」が一種のコミュニティとしても醸成し、「はてなー」や「はてなハイカー」とは一線を画しつつある中で、これらのうごメモは(時間帯にもよるかと思いますが)見かけることは少なくなり、通報の部類で目立ってきているのは「著作権」「肖像権」関連に抵触する作品なのではと思われます。


はてなポイントからグリーンスターへの変更理由を推察

はてなポイントからグリーンスターへの変更理由を何点か考えてみたいと思います。


嫌儲志向の回避

上記の通り、通報はてなポイント付与制は告知時にはてブ上では大不評でした。大半の理由は「はてなポイントを実際の金銭と交換」という「嫌儲」になるのではないかと思います。

一方、「グリーンスター」ははてなポイントを支払って購入することはできますが、逆にカラースターをはてなポイントに戻すことは不可能です。

この「金銭交換の不可逆性」を前面に押し出すことで、「嫌儲」志向の回避を狙ったのではないかと思われます。


スター経済の流通促進

「うごメモはてな」のコミュニティ性を挙げる上で、以前話題になった内容に「スター経済」があります。有り体に言ってしまえば「はてなスターの数(と色)で作品の優劣を評価しようぜ!」*2というものですが、グリーンスターを簡単に得られる仕組みを設けることで、スター経済の流通を促進させる意図もあるのではと思います。

本仕様変更の告知エントリでは合わせてランキングやチャンネルに対して、グリーンスターが付加される仕様追加も合わせて告知されています。


うごメモラーには聞き慣れない「はてなポイント」という言葉の回避

「うごメモはてな」しか使っていないユーザから見た場合、「うごメモはてなプラス」が導入されるまでは、「はてなポイント」という言葉は作品通報時のみしか目にすることはありませんでした。

うごメモラーからの立場から見ると、そんな「よく知らない名前のポイント」を付与されたとしても使うことが無いため、通報に対するモチベーションが上がる訳ではありません。

今回の仕様変更でうごメモラーでもよく目にする「はてなスター」、しかも通常のイエロースターよりも一段階グレードの高い「グリーンスター」が付与されるように変更されたことで、うごメモラー側の通報意欲向上を図ったとも考えられます。


「うごメモはてなプラス」導入に伴う影響

一方、「うごメモはてなプラス」の導入に伴い、今後うごメモラーの中にも「はてなポイント」を意識するユーザが出てくると思われます*3

先に書いた内容とは矛盾していますが、逆にうごメモラーが「はてなポイントを稼ぐ」ことを「うごメモはてな」上では封殺してしまうことで、過剰通報・無差別通報などを出来る限り防ぐ意図もあったのではと思います。

そういう意味でも「グリーンスター」へのシステム変更は「うごメモラーの通報意欲向上を図りつつも、無差別通報をできるだけ防ぐ」という目的に対する最適解だと見なされたのかもしれません。


グリーンスターの獲得方法増加とその影響

今回の仕様変更により、今までは「はてな市民制度」時、「新規サービス利用開始」時、「はてなプラス」継続時と限定した場合にのみ無料で獲得できていたグリーンスターが、「うごメモはてな」を利用することでかなり簡単に獲得できるようになりました。

しかし一方でグリーンスターは、(特に「うごメモはてな」以外では)通常のイエロースターに比べて付けるタイミングが難しく、沢山取得してもどうしても残りがちになるのではと思います。

また現状グリーン以上に相当するレッドスター・ブルースター(及びレア扱いのパープルスター)については、はてなポイントを支払わずに獲得する方法は用意されていません。

グリーンスター・レッドスター・ブルースターの交換を行うことが出来れば、グリーンスターを現状よりも無駄なく使うことが可能になるのではと思います。


関連

*1:100日以上作品を投稿する(通報による削除無し)と付加されます。

*2:実際のうごメモランキングでは「はてなスターの数」だけでなく「ダウンロード数」「閲覧数」等も加味されているようです。

*3:本エントリを書いている時点では、2009/05/26から始まっている「はてなプラスのキャンペーン」から1ヶ月未満のため、開始時点から「うごメモプラス」を登録していても、はてなポイントを明示的に払う必要のあるユーザは存在していません。

2009-06-20

「はてなハイク」というコミュニティの現状

| 17:13 |  「はてなハイク」というコミュニティの現状 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「はてなハイク」というコミュニティの現状 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  「はてなハイク」というコミュニティの現状 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

はてなハイクにデビューしたいあなたにアドバイス

本日増田で上記のエントリが挙がっていました。

常々はてなハイクを使ってる1ユーザとしては中々的を射ているエントリだったので、補足的な意味も込めて少し書いてみようかと思います。


はてなー」とも「うごメモラー」とも違う濃縮されたコミュニティ

はてなハイクの最近のアクティブユーザ(俗に言う「はてなハイカー」)数は、元増田でも挙げられている「統計」キーワードでの算出状況によると、大体1日に1200ユーザ程度です*1。つまり、単純計算しても「はてな」ユーザ全体の0.1%未満しかいません*2。ちなみに「はてなハイク」自体に書きこんだことのあるユーザ総数も現状6000~7000程度らしいので、やはり「はてな」ユーザ全体の0.1%未満です。

そんな「はてなー全体としては弱小勢力」の「はてなハイク」ですが、中身はというと一般的に「はてなー」と言われる(?)ダイアリーやブックマークを一般的に使うユーザの方々とも、一大勢力を築きつつある「うごメモラー(うごメモはてなユーザ)」とも違うある意味「濃縮された独自コミュニティ」が形成されています。


「おはよう」「おやすみ」の特殊性

元増田のエントリでは「ほぼ100%に近い確率でスターがもらえます」という件がありますが、ほぼ事実です。しかもそういった風潮があるのは、この2キーワードのみです。実際「おはよう」のキーワードに本文を書かずに投稿してもなぜかスターが付いている程です。

そういう意味で「はてなスターが欲しいというユーザ」は「おはよう」「おやすみ」に投稿すると良いかもしれません。

実際「おはよう」「おやすみ」の総エントリ数はダントツ1位(27万件以上)の「ひとりごと」に続く2位,3位だったりします。


「怒られそうなことを敢えて言う」について

元増田でもう一つ取り上げられている「怒られそうなことを敢えて言う」キーワードは昨年の11/27に出来たキーワードですが、既に投稿数が1万件を超えているキーワードです。投稿数の上位キーワードでもかなり新しい部類になります。

既にネタキーワード化していますが、「怒られそうなこと」という微妙なニュアンスの影響で投稿数が伸びているようにも思います。


はてなハイク」というコミュニティでよく話題になりがちな内容

はてなハイク」で話題になりがちな内容をいくつか挙げておきます。はてなハイク特有の内容もあったりするので、中々理解しづらい部分もあるのではと思います。


長文ウザイ

はてなハイクで長文を投稿すると、他のはてなハイカーからよくウザがられます。実際「はてなハイク」で本文に投稿できる文字数は、twitterの140文字などとは違い、65000文字以上でも可能(だったはず)です。そのため、実際にはかなりの長文を1エントリとして投稿することが可能です。

ですが、大半のはてなハイカーはほとんど長文を投稿することはありません。いくら多くても10~20行程度です。

「長文ウザイ」という際によく用いられる理由は「携帯版ユーザのことを考えろ」のようです。携帯版「はてなハイク」で長文を見た場合、かなり下方にスクロールしなければならないことが鬱陶しい、場合によっては全体の読み込みが完了しないことがある等が原因ではないかと思われます。

ちなみに長文になった際「続きを読む」等を仕込むことは、現状のはてなハイクの仕様では不可能です。PC版でも携帯版でもエントリがそのまま出てしまうため、ダイアリー等を使っているそのままでハイクに長文を投稿してしまうとこの批判がよく出てきます。


議論ウザイ

はてなハイカーの傾向としては「緩い繋がり」を求めている方が多数のようです。そのため、議論はかなり嫌われる傾向にあります。

また、議論は白熱してくると投稿されるエントリが長文になる傾向が高く、上記に挙げた「長文ウザイ」にも抵触してくることになります。そのため「緩い繋がり」を求める他のはてなハイカーからは「(ダイアリーなどの)他所でやれ、ハイクでやるな」という圧力がかけられることもあります。


無駄なキーワードは作るな!

はてなハイク」はリリース直後「キーワードでつながるミニブログ」を謳っていました*3

基本的に特定のキーワード(お題)を主軸としてエントリを投稿する仕組みになっており、新規にキーワードを作ることが簡単にできるようになっています*4。しかし中には「エントリが0件の中身無しキーワード」「ほとんどエントリが無いキーワード」もかなり存在しています*5

このような状況に伴い、はてなハイカーの中には上記のような「ほとんど意味をなさないと思われるキーワード」が新たに乱立するのを嫌がる方々も存在しています*6


実況ウザイ

上記にも書いたとおり、はてなハイクは「キーワード(お題)」を主題としており、テレビ番組やアニメ関連のキーワードでは実況が行われることもしばしばあります。しかし、興味のないユーザにとっては、それが苦痛になることもあります。

ただし「実況ウザイ」の場合、愚痴は該当するキーワードに投稿せず、「ひとりごと」や「怒られそうなことを敢えて言う」、IDページに投稿する方が多いです。


過度のスター・お気に入りは嫌われる傾向

元増田のエントリでは「ハイクははてなのサービスで最も☆が簡単にもらえる」とありました。はてなハイカー自体は☆やお気に入りについては寛容な方が多いのですが、それもある程度までで、やはり過度のスターやお気に入りは嫌われる傾向があるようです。

現状、ハイクの一部では揉め事が継続中だったりするのですが、その原因の中には「特定ユーザのエントリにスターをばら撒くので怖い」「はてなハイカーを誰でも構わずお気に入りに登録する行為が気持ち悪い」があったりするようです。


はてなハイカーの根底は public_timeline 信仰にある?

以上、「はてなハイクで話題になりがちな内容」を何点か挙げてきましたが、スター・お気に入りに関することを除けば、根底にあるのは「はてなハイク」のトップページ、いわゆる「public_timeline」に対する信仰めいたものがはてなハイカーの中では強いように思われます。もちろん「お気に入り」だけで繋がる「Favorites」重視のはてなハイカーの方々もいらっしゃいますが。

はてなハイク」の public_timeline は最初に見るページであり、IDページを除く全てのキーワードが集約されて表示される場です。そのため上記に挙げた「public_timeline が汚染される行為」をはてなハイカーは嫌がる傾向が強いです。

はてなハイクのアクティブユーザ数自体も余り多くないため、public_timelineが「普通に閲覧できる」というのも状況に拍車をかけているのかもしれません。


追記(1):「はてなハイク」が独自コミュニティ空間になった理由

このように「はてなハイク」がある種の「濃縮された独自コミュニティ」になった理由を大きく挙げるならば、以下の2つがあるのではと思います。


はてなハイク」ははてなのサービス間連携における行き止まり

「Myはてな プロフィール」と「お気に入り」によるサービス間連携が行われるまで、「はてなハイク」という場所は言わば「はてなのサービス間連携の行き止まり」となっていました。「「はてなスター」における「はてなハイク」との奇妙な関連性」の時に下記のサービス連携図を書いてから1年以上この構図は崩れなかったことになります。そのためいわゆる「はてなー」とは違う独自のコミュニティ性が構築されたとも考えられます。

f:id:daichan330:20080120190044p:image


トラックバック・はてなブックマークからの影響が極めて少ない

はてなハイクでは投稿したエントリに対して、トラックバックを受けたり、ブックマークされていたとしてもその状況を窺い知ることはできません*7。そのため、以下のブックマークのような誤解が生じたりもしています。

はてなブックマーク - はてなブックマーク - umikaji - はてなハイク

外部からの状況を窺い知ることができにくい状況も「はてなハイク」が独自のコミュニティ性を構築した理由の一つではないかと考えられます。


追記(2):「公開されているのに引き籠っている」IDページオンリーハイカーの存在

はてなハイカーの根底は public_timeline 信仰」と上記に書きましたが、その反面で「IDページのみにエントリを投稿しているはてなハイカー」も多数いらっしゃいます。

IDページ(現状の名称は「About」ページ)は、「はてなハイクのpublic_timeline上には公開されない」という特徴があり、基本的には「public_timelineには公開せずつぶやく」というtwitterに近い感じで取り扱われているようです。

よく誤解されがちなのは、「IDページはprivateな空間」という認識です。この認識はあくまでも「はてなハイク」上のみであり、Web上で「はてなハイク」全体を見渡した場合、「IDページもpublicに公開」されています。つまり、純粋な意味での「privateな空間」は「はてなハイク」には存在しません*8。ただし、あくまでも「はてなハイクのpublic_timeline」上からは見えないため、「仄めかし」等で使われる場合もあります。

なお、「はてなハイク」における暗黙ルールの一つとして「他のユーザのIDページの内容をpublic_timeline上に晒してはいけない」もあります。相手ハイカーの許諾無しにIDページの内容を晒してしまった場合、余程のことが無い限り他のはてなハイカーから叩かれます。


関連

*1:もちろんROMユーザも含めるともっと多いでしょうが。

*2はてなの総ユーザ数は「プレスリリース - 株式会社はてな」にある通り。

*3:現在の謳い文句は「お絵かきも楽しめるミニブログ」となっています。

*4:現状のはてなハイクでのキーワード総数は、id:fumobotによると本日0時時点で129,597件とのこと。

*5:かつて「関連キーワード機能を追加しました - はてなハイク日記」で「はてなWordLink」からのキーワードインポートが行われたこともあり、「エントリが0件の中身無しキーワード」の総数は多いものと思われます。

*6:「キーワード検索時に不要なゴミキーワードがヒットするのが鬱陶しい」などの理由があるようです。

*7:はてブFirefox拡張や各種Greasemonkeyスクリプト等を入れていたりすればその限りではありませんが。

*8:これはtwitter等でも同じかと思いますが。

2009-06-15

「はてなコピィ」人気のコピィ40選

| 11:03 |  「はてなコピィ」人気のコピィ40選 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「はてなコピィ」人気のコピィ40選 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  「はてなコピィ」人気のコピィ40選 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

はてなコピィ」がリリースされてから2日が経過しました。この辺りで現在人気のコピィを総ざらいしたいと思います。なお、昨日コレクション機能が追加され、コレクション数の多いコピィはトップページの先頭に表示されるようになっています。その中からいくつか紹介したいと思います。


キャラクター系

各種文字を使ってキャラクターを描いたコピィ作品。AAなどから、かなり手が込んだものまで多岐に渡ります。

ハルヒ

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLuO9uuRHw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLuO9uuRHw

はてなちゃん(1)

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr_y9LGdQ.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr_y9LGdQ

はてなちゃん(2)

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr9oPD2cA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr9oPD2cA

ロールちゃん

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvo173sEA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvo173sEA

M男

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLv017jBcQ.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLv017jBcQ

いも虫

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLv2uKqNKQ.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLv2uKqNKQ

ドラえもん

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvq8-f4Fg.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvq8-f4Fg

ハロ

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLv4hdjxLQ.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLv4hdjxLQ

アンパンマン

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvT2ofbSQ.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvT2ofbSQ

秋山澪?

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLuGuZPASw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLuGuZPASw

歌う女の子AA

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvVitDJag.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvVitDJag

チャーハンAA

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvvhvnNNw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvvhvnNNw

大坪さんAA

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr_6qSaaA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr_6qSaaA


作品・企業系コピィ

作品や企業の商標などをコピィ化した作品です。

はてな

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvwnIHCDg.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvwnIHCDg

狼と香辛料

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLv43N-LZw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLv43N-LZw

時をかける少女

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvl77fERg.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvl77fERg

ほっかほっか亭

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvxlLiHKQ.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvxlLiHKQ

セブンスドラゴン

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvp5NDKGQ.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvp5NDKGQ

noblesse oblige(東のエデン?)

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLyBiKWqew.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLyBiKWqew

けいおん!

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLv7jKWVJw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLv7jKWVJw


キャッチコピィ

本当にキャッチコピーな感じのコピィ作品。

Summer

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvc_9ylOA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvc_9ylOA

if

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLuNwfjoXg.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLuNwfjoXg

The Rain Drops

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvr2vSYOw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvr2vSYOw

はてなコピィ

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvy66DGDA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvy66DGDA

どせいさん

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLuItJXSMw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLuItJXSMw

MMR

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLuK9_GKVg.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLuK9_GKVg

Hello

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr56rXMTA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr56rXMTA

Dragon Curve

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLv1l8G7fA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLv1l8G7fA

スター

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvt9o-MWQ.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLvt9o-MWQ

けんばん!

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLv3k8jkMA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLv3k8jkMA

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLuK9_GKVg.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLuK9_GKVg

reflect

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLyCjsj9Qw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLyCjsj9Qw.png


言葉系

シンプルに言葉に重点を置いたコピィ作品。

あの日捨てたException

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLrf-oHGBw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLrf-oHGBw

∞無限大

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvoyYbeHA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvoyYbeHA

ようこそゲストさん

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLunqeWXSw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLunqeWXSw

何を見ても静かで遠い

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLrli8OONw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLrli8OONw

忍びねぇな構わんよ

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr_ltWnXg.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLr_ltWnXg


異色系

「その発想は無かった」的な異色のコピィ作品。

バーコード

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLv1hdLFXQ.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLv1hdLFXQ

ビリヤード

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLuK0oO3JA.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-yLuK0oO3JA

新大阪

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvr44uuGw.png

http://copie.hatelabo.jp/cp/gYC-xLvr44uuGw


はてなコピィの現状

リリース直後の「はてなコピィ」ですが、一発ネタというインパクト性の高さからか「はてなハイク」との親和性がやはり高いように感じられます。

はてなコピィ - はてなハイク

またフォントや配色などの機能をかなり制限していつつも、インタフェースの使いやすさ・文字配置の柔軟性の高さもあってか、既にかなり自由度の高い作品・クオリティ高須クリニックな作品も見られるようになりました。

今後、はてなのコピィクリエイター(?)の手で、どのような受け手を驚かせるコピィ作品が誕生するか気になる所です。

2009-06-13

「はてなコピィ」使い方メモ

| 17:17 | 「はてなコピィ」使い方メモ - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「はてなコピィ」使い方メモ - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 「はてなコピィ」使い方メモ - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

今回は本日はてラボでリリースされた「はてなコピィ」についての使い方メモを今のうちに書いておかないと忘れそうなので簡単に書いておこうと思います。

はてなコピィ

http://copie.hatelabo.jp/

URI に「コピィ」をつけて投稿できるサービスです。粋なコピィをバナーにします。

また、はてなブックマークの Web Hook 機能を利用し、はてなブックマークと連携する機能もあります。

本日、はてラボに2つのサービスをリリースしました - はてラボの日記 - 機能変更、お知らせなど

なお、このエントリでは「はてブのWeb Hook機能」については(余り自分も使い方が分かってないので)記載しません。普通にコピィを作成する方法のみ紹介します。

コピィを作成するには

以下の方法があります。

  1. はてなコピィトップページの頭にある「コピィを入力」欄にコピィ化したい文字列を入れ、[自分でつくる]ボタンを押す。
  2. ヘッダ右上欄の[新規コピィ]をクリックする。
  3. マイページ(ヘッダ右上欄から移動可能)のコピィリストの一番右下にある「ここに新しく作りますか?」を押す。

コピィ作成画面

作成画面には標準モードとアドバンスモードがあります。

標準モード

基本的なコピィを作成するモードです。

f:id:daichan330:20090613180725p:image

まず「コピィ」欄の下のフォームにコピィ化したい文字列を入れます。ちなみにコピィ作成時にトップページから[自分でつくる]ボタンを押した場合は、その内容が入ります。その後上の[自動配置]ボタンを押すとコピィが作成されます。この場合の各種文字の配置・背景色はランダム決定されます。[自動配置]ボタンを再度押すことで変更できます。

次の「背景色」の項目は背景色のみが変更できます。[ランダム]ボタンでランダムに配色を変更したり、直接RGB指定で変更することができます。

その下にある「URI」は通常は自分自身のIDが指定されていますが、別ユーザを指定することで、そのユーザに対するコピィが作成されます。他のユーザに対するコピィを指定した場合、マイページの「XXXXについてのコピィ」で表示される先が指定したユーザになります。その下の「XXXXが作ったコピィ」は作成者側なので自分自身が作成したコピィが一覧表示されます。

一番下の[投稿]ボタンを押すと、コピィが投稿されます。


アドバンスモード

[投稿]ボタンの下にある「アドバンスモード」のリンクをクリックするとアドバンスモード表示になります。

f:id:daichan330:20090613180726p:image

アドバンスモードでは「コピィフレーズ」で各種文字の配置・サイズを変更したり、フレーズを新規追加することができます。

なお、フレーズを変更した状態で[自動配置]ボタンを再度押してしまうと、元の設定が反映されてしまいます。これを避けるためには、[投稿]ボタンの上にアドバンスモードのみ表示される[プレビューを反映]ボタンがあります。これを押すことで、アドバンスモードで変更した設定を確認することができます。


コピィを削除するには

各種コピィからコピィ専用ページに移動することができます。

現状このコピィページではなぜか「同じコピィ画像が大量に表示されている」謎仕様になっていますが、一番右下に[削除する]という項目があるので、それを押せばコピィを削除することができます。


使い方のちょっとしたテクニック

背景色の設定

背景色の設定は通常はRGB設定が反映されていますが、ここにCSScolorプロパティなどで指定する文字列を入れることも可能です。

例えば以下のように「red」を背景色のフォーム欄に入力すると、背景色を赤に変更することができます。

f:id:daichan330:20090613180727p:image


x,y座標軸の設定

アドバンスモードのコピィフレーズのx,y軸座標の設定には、プラスの値だけでなくマイナスの値を入れることも可能です。

文字サイズが大きい場合などで(特に)y軸座標の指定時に正数を指定した場合に下に切れることがありますが、負数を指定することで調節が可能です。


不要になったコピィフレーズの処置

アドバンスモードのコピィフレーズは[追加]することしかできず、不要になったフレーズを削除することが現状できません。

そのため、不要になったコピィフレーズについては、何も文字を指定せず(もしくは空白挿入で)、コピィフレーズそのものを無効化する必要があります。


自動配置時の「丸括弧()」の取扱い

丸括弧()は半角・全角に関わらず、自動配置後には注意が必要になります。

例えば「(゜∀゜)」を[自動配置]ボタンでコピィ化した場合、コピィフレーズは以下のように「(゜」「∀」「゜)」に分割されます。「(」と次の文字、「)」と前の文字が自動的に同じコピィフレーズとして扱われる仕様になっています。

f:id:daichan330:20090613180728p:image

これを防ぐには「( ゜∀゜ )」などのように「()」と文字の間に半角空白を余分に入れてから[自動配置]ボタンを押すことで対処が可能です。

f:id:daichan330:20090613180729p:image


投稿時にコピィのタイトルに反映される内容

投稿時にコピィのタイトルとして反映される内容は、「コピィ」欄の下のフォームに入力されている内容となります。そのため、アドバンスモードなどでコピィフレーズ自体を設定した後、「コピィ」欄の内容を変更します。この際、[自動配置]を押すとコピィフレーズに内容が反映されてしまうため、押さないようにします。

f:id:daichan330:20090613180924p:image

その後[投稿]ボタンを押すことで、コピィのタイトル名をコピィフレーズとは別の内容にすることができます。

f:id:daichan330:20090613180731p:image


最後に

はてなコピィ」自体インタフェースがかなり簡素化されており、現状フォントが1種類しか使えなかったり、文字色が白黒2色で背景色に応じて勝手に変更されたり等々はあるのですが、インパクト勝負としては中々面白いサービスだと思います。

簡素化されてる分、使用方法はかなり単純なので使いこせるようになれば、あとは発想次第で面白いコピィを作れるのではないでしょうか(はてな上のコピィ師として人気を集められるかは分かりませんが…)。