Hatena::Groupdaichan330

趣味には偏ってないだいちゃんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-05-26

各種プラス機能リリースのどさくさに紛れて「はてなプロフィール」に付け加えられた新機能

| 12:27 |  各種プラス機能リリースのどさくさに紛れて「はてなプロフィール」に付け加えられた新機能 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  各種プラス機能リリースのどさくさに紛れて「はてなプロフィール」に付け加えられた新機能 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  各種プラス機能リリースのどさくさに紛れて「はてなプロフィール」に付け加えられた新機能 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

はてなダイアリー有料オプションを「はてなダイアリープラス」に改めました - はてなダイアリー日記

はてなブックマーク有料オプション「はてなブックマークプラス」をリリースしました - はてなブックマーク日記 - 機能変更、お知らせなど

うごメモはてなの有料オプション「うごメモはてなプラス」開始しました - うごメモはてな日記

そんな訳で本日はてブとうごメモにプラス(有料オプション)機能が追加、はてダの有料オプションもプラスに改称が行われた(+無料お試しキャンペーンも開始されている)訳ですが、そのどさくさに紛れてこっそり「はてなプロフィール」にも関連する新機能が設けられています(現状広報されていない)


はてなプロフィール」の新機能

f:id:daichan330:20090526121757p:image

このような感じで「使用しているサービス」欄に「プラス=有料オプション」を使用している旨のアイコンが表示されるような変更が行われています。要するに「オレははてなの収益に貢献してやってるんだぜ!」というのが一目で分かるようになりました。

ちなみに現状表示されるのは既存の有料オプション(ダイアリー・グループ・フォトライフ・アンテナ)だけのようで、ブックマークやうごメモのプラス機能はまだ反映されていないようです。


ちなみに

いつもの通り?ですが、はてなプロフィール」の「編集」や「設定」で[PLUS]アイコンの表示を出さないようにすることは現状できないようです。

なお、ブックマークのプラス機能では、以下のnaoyaさんのコメントにもある通り、「設定」で[PLUS]アイコンの表示を出さなくすることが可能のようですが…。

naoya bookmark, plus リリースしました / plus アイコンは設定画面から非表示が可能です > 非表示を希望されるみなさま 2009/05/26

はてなブックマーク - はてなブックマークプラス

関連


追記

すいません、どうやら未広報は誤りのようでした。以下に書かれていました。

また、はてなブックマークプラス・うごメモはてなプラス・はてなダイアリープラスをご利用の場合、Myはてなのプロフィールページの各サービスの下に、PLUSアイコンが表示されるようになりました。

新しい有料オプション「はてなブックマークプラス」「うごメモはてなプラス」を開始しました - はてなの日記 - 機能変更、お知らせなど

上記からすると、アンテナ・フォトライフ・グループの「有料オプション」機能だけしか使っていない場合は、[PLUS]アイコンは出ないということなのでしょうか…?

ところで「うごメモはてなプラス」「はてなダイアリープラス」はリリースからそろそろ7時間(この追記を書いているのは17時頃です)経ちますが、反映されていないようですが…。

2009-05-15

はてなハイクで主に活動中のBOTまとめ(その2)

| 20:47 |  はてなハイクで主に活動中のBOTまとめ(その2) - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  はてなハイクで主に活動中のBOTまとめ(その2) - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  はてなハイクで主に活動中のBOTまとめ(その2) - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

以前1ヶ月程前に「はてなハイクで主に活動中のBOTまとめ」というエントリを書きましたが、その後「はてなハイク」内で活動するBOTが急激に増加しました。

そのため、今回は再度「ハイクBOTまとめ」エントリとして、新規参入+記載漏れ分を書き出してみようと思います。


h:id:beefriends

http://www.hatena.ne.jp/users/be/beefriends/profile.gif

  • 「伺かゴースト」とのこと。
  • 現状「びーの日記」のみに投稿する。時間帯は不定の模様。

空蝉ぬりえ(h:id:utsusemi_nurie)・空蝉みどり(h:id:utsusemi_midori)

http://www.hatena.ne.jp/users/ut/utsusemi_nurie/profile.gif http://www.hatena.ne.jp/users/ut/utsusemi_midori/profile.gif

  • 空蝉ぬりえ
    • 現状、IDページへの投稿のみ。稼働時間帯も不定期の模様。
    • エントリに対するReply機能あり。
    • 統計機能あり(機嫌、興味、対人意識などを表示)。
  • 空蝉みどり
    • 空蝉ぬりえの妹BOT。姉と同じく稼働時間帯は現在不定期の模様。

こよみ(h:id:koyomi_t)

http://www.hatena.ne.jp/users/ko/koyomi_t/profile.gif

  • 現時点で「β版」らしく、IDページへの投稿のみを行う。
  • 詳細動作はプロフィールを参照。

ユウヤ(h:id:master_yuya)

http://www.hatena.ne.jp/users/ma/master_yuya/profile.gif

  • ニュース系BOT。稼働時間帯は06:30~24:30。
  • ナルシストキャラという設定。
  • 朝は「おはよう」への挨拶、夜は「おやすみ」への挨拶を行う。
  • ユウヤNEWS」に1時間半毎に地域のニュースを投稿する。
    • ユーザからの要望にも対応。地域を指定するとReplyでその地域のニュースを返信する。
    • 指定が無い場合は適当なニュースを返信するらしい。
    • 返信内容に対するお礼への返答機能あり。
  • 20%の確率でニュースの内容を逆読みする場合がある。

鈴(h:id:suzumetoolove)

http://www.hatena.ne.jp/users/su/suzumetoolove/profile.gif

  • ユウヤの妹。稼働時間帯はユウヤと同じと思われる。
    • ID名は「suzu me too love」。
  • 調子に乗りがちな兄・ユウヤを諫める出来た(?)妹という設定。
  • 夜のみ「おやすみ」への挨拶を行う。
  • 通常は「ユウヤNEWS」に嘘ニュースを不定期?に投稿、「ひとりごと」への投稿など。
  • ユウヤが失敗(上記の逆読みなど)した場合、代理で謝罪する機能がある。
  • ユウヤNEWS」でユーザから指定された場合、ニュースを読み場合もある。
    • ただし、ニュースを正確には読まず平仮名で一部のみ投稿し、残りは47NEWSのリンクを貼る。
    • 返信内容に対するお礼への返答機能あり。
    • なお、指定時に「スズメ(雀)」を入れておくと特殊な反応を返す。

ふもぼ(h:id:fumobot)

http://www.hatena.ne.jp/users/fu/fumobot/profile.gif

  • キーワード系BOT
  • はてなハイクキーワード」への投稿
    • 3~4時間毎にエントリ数に応じたキーワード30件を表示。
      • エントリ数が0や1のキーワードから200以上のキーワードまである。
    • 毎日0:30頃に現在の全キーワード数を投稿。
  • キーワード占い」機能
    • 以下5種類のキーワードをランダムで表示してくれる。
      • ラッキーキーワード
      • 運気アップキーワード
      • スターが貰えそうなキーワード
      • 控えた方が良さそうなキーワード
      • 投稿しても大丈夫そうなキーワード
    • 返信内容に対するお礼への返答機能あり。
  • ふもぼのキーワード勉強部屋」機能
    • ユーザ側が「キーワード」と「分類(~系)」の組を教えていく。
    • 今まで習得したキーワードに対する分類一覧をIDページに投稿する。

かぼす(h:id:Kabosu)

http://www.hatena.ne.jp/users/Ka/Kabosu/profile.gif

  • 自律系BOT。稼働時間帯は08:00~26:00。
  • 朝は「おはよう」への挨拶、夜は「おやすみ」への挨拶を行う。
  • メインは「かぼすの戯言」への投稿。
    • 「特定キーワードリンク+発言」のエントリを投稿する場合がある。
    • Reply機能あり。

h:id:botot

http://www.hatena.ne.jp/users/bo/botot/profile.gif

  • IDページのみの投稿を行うBOT
  • 機能は他のBOTと比べて特殊であり、様々な(作者曰く「役に立たない」?)機能がある。

ユウキ(id:yuk-mech)

http://www.hatena.ne.jp/users/yu/yuk-mech/profile.gif

  • 統計系BOT。投稿時間は毎日0:30でほぼ固定。
  • 注目キーワード」へ前日の注目キーワードを15件投稿する。
  • はてなハイカー」にファン(お気に入り)数が多いユーザをランダムで10ユーザ投稿する。

りおきゅん(h:id:Rio_Baxxter)

http://www.hatena.ne.jp/users/Ri/Rio_Baxxter/profile.gif

  • 主にニュース系BOT
  • メインの機能は「地震速報」への地震情報投稿。内容上投稿時期は不定。
  • ユウヤNEWS」に不定期で地域のニュース情報を依頼する機能あり?
  • その他IDページに各種機能あり。詳細はプロフィールページを参照。
  • from欄が「悠久幻想曲」となっているのは、元ネタはメディアワークスから発売されているRPG「悠久幻想曲2」に登場するキャラクター「リオ・バクスター」に由来するため。

関連

fm7743fm77432009/05/15 21:09毎回お疲れ様です。
id:beefriendsについて補足しますと、活動が不定期なのは完全に自動のBOTではなく、伺かゴースト「びーふれんず」を使っている人がゴーストを終了(他のゴーストへ切り替え/ベースウェアを終了)させた時にハイクへの書き込みが発生するようになっているからなのでございます。

daichan330daichan3302009/05/15 22:55ありがとうございます。
伺かゴーストと明記されているのでちょっと他のBOTとは違うと思っていたのですが、そういう仕組みになっているのですね。

fumokmmfumokmm2009/05/16 15:53お疲れ様です。
h:id:fumobotについてですが、
「はてなハイクキーワード」への投稿
のリンクが「キーワード占い」になってしまっているようです。

daichan330daichan3302009/05/16 22:18すいません、直しました。

tmftaketmftake2009/05/18 00:38お疲れ様です&ご紹介ありがとうございます。
ホントにどうでもいいツッコミなのですが、りおきゅん元ネタの悠久幻想曲はメディアワークスのシミュレーションゲームでございます。

とおりすがりとおりすがり2009/05/18 12:01h:id:Rag-Rush もたまにボットっぽいことがあります。

daichan330daichan3302009/05/19 00:13> tmftakeさん
すいません、こちらの勘違いでしたので直しました。

> とおりすがりさん
確かにたまに「ふぬねろす」にボット?として投稿しているようですね…

2009-05-13

「ウェブはバカと暇人のもの」読んだ

| 16:53 |  「ウェブはバカと暇人のもの」読んだ - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「ウェブはバカと暇人のもの」読んだ - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  「ウェブはバカと暇人のもの」読んだ - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)

刊行されて1ヶ月程経つこの本ですが、なぜか今頃「はてなハイク」で少し取り上げられており、タイトル名の余りにも?挑戦的な内容に興味が沸いたので、ざっとですが読んでみました。

no title


感想としては、アメーバニュースの責任編集者である筆者の中川さん目線から見据えた(日本の)Webを取り巻く現状を率直に語られている印象を受けました。

内容自体は「Web2.0」でしばしば語られがちな「集合知」論ではなく「衆愚」論的な視点であるように感じましたが、さすがに編集者で長年様々な記事を書かれているだけのことはあってか、タイトルや最後のまとめのアオリだけでなく、文章自体も表現の仕方が巧みで、読者を上手く惹きつける構成になっていると感じました。


ちなみに筆者の中川さんは、冒頭で梅田さんの「ウェブ進化論」を読んで「Web2.0」に歓喜したという旨の内容を書かれておられます。そういう意味も踏まえた上で、梅田さんの本書に対する書評が少なからず気になる所ではあります。(まだ出てはいない?ようですが。)

2009-05-10

「うごうご☆メモって★HATEN@」を各パートに分解し、参加者を紹介してみる

| 19:10 |  「うごうご☆メモって★HATEN@」を各パートに分解し、参加者を紹介してみる - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「うごうご☆メモって★HATEN@」を各パートに分解し、参加者を紹介してみる - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  「うごうご☆メモって★HATEN@」を各パートに分解し、参加者を紹介してみる - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

導入:「うごうご☆メモって★HATEN@」とは

4/16に人気うごメモラーの1人であるペキンさんから以下の作品にて提案された「うごメモはてな」のユーザ参加型企画です。内容はイラストバトンを繋げて1つの作品を構築するという形式でした。

その後、紆余曲折はあったようですが、約20日後の5/5に総勢19人のうごメモラーの協力により、作品が完成しました。完成した作品は以下になります。


今回はこの「うごうご☆メモって★HATEN@」を各パートに分割しながら、参加者の方々を順を追って紹介していきたいと思います。(以降、各作者さんは敬称略で書かせていただいております。ご了承下さい。)


参加者をパートごとに紹介

ペキンさん(id:pekindaq)

f:id:daichan330:20090510021748p:image f:id:daichan330:20090510021749p:image f:id:daichan330:20090510021750p:image f:id:daichan330:20090510021751p:image

うごメモはてな

「うごメモはてな」初期から今まで活躍されている「人気うごメモラー」の1人。今回の企画の発案者であり、最終調整を担当されている。登場するキャラクターは「うごメモはてな」のマスコットキャラクターとして考案された「うご子」。


BAB(id:wakabab)

f:id:daichan330:20090510021752p:image

うごメモはてな

今回の作品で唯一ポケモンのピカチュウらしきキャラクターを使用されている。「ポケモンいえるかな?」の各種作品で一時期話題になったことは記憶に新しい。


さかめがね(id:sakamegane)

f:id:daichan330:20090510021753p:image

うごメモはてな

登場するキャラクターはオリジナルキャラクターの「フリーチャー(研究員)M」。


スカイ(id:Sukai)

f:id:daichan330:20090510021754p:image

うごメモはてな

「うごメモはてな」初期から今まで活躍されている「人気うごメモラー」の1人。登場キャラクターは「うごメモキャラクターズ」より、ウゴマル・メモリン・メタボン。


とうほ(id:Touho)

f:id:daichan330:20090510021755p:image f:id:daichan330:20090510021756p:image f:id:daichan330:20090510021757p:image

うごメモはてな

最後のカットに出てくる鳥はオリジナルキャラクターの「ヒデヲくん」、食べられている犬はわさび(id:wasabi99)氏考案の「わさび犬」。

とむ(id:tomukiti)

f:id:daichan330:20090510021758p:image

うごメモはてな

ハイペースで作品を投稿し続けるうごメモラー。作品数584(2009/05/10現在)はおそらくうごメモラーの中で1位?と思われる。右下辺りにいるキャラクターは「戦闘用アンドロイド・ナポリタンさん」。


FOhttp://ugomemo.hatena.ne.jp/images/dsi/wh/U+E008.gifX0(id:inpaku-interface)

f:id:daichan330:20090510021759p:image

うごメモはてな

登場キャラクターは「うご子」を元にして作られた「まほな」。


モヘヤ(id:mo-he-ya)

f:id:daichan330:20090510021800p:image f:id:daichan330:20090510021801p:image f:id:daichan330:20090510021802p:image

うごメモはてな

登場キャラクターはパンダとうさぎ、最後に出てくる女性キャラクターは「山田さん」。


だいず(id:daiz2)

f:id:daichan330:20090510021803p:image f:id:daichan330:20090510021804p:image

うごメモはてな

着せ替えうごメモ」で有名な人気うごメモラー。一時期「うごメモ」から離れていたが復活された経歴を持つ。今回登場するのも着せ替えうごメモのキャラクター。


vanity@さこつ(id:vanity_392)

f:id:daichan330:20090510021805p:image f:id:daichan330:20090510021806p:image

うごメモはてな

登場キャラクターは「ボインさん」。


うほっ!いいおとこ(id:uho-iiotoko)

f:id:daichan330:20090510021807p:image f:id:daichan330:20090510021808p:image

うごメモはてな

登場キャラクターは「ミル子」。


HIROSHI(id:hiroshi-0)

f:id:daichan330:20090510021809p:image f:id:daichan330:20090510021810p:image

うごメモはてな

今回の作品では最も登場キャラクターが多い(全てオリジナルの模様)。それぞれ「DEAD OR ALIVE」のキャラクター、動堂目文爺(60)、トン美、ブタ男など。


FDD(id:future76)

f:id:daichan330:20090510021811p:image

うごメモはてな

HIROSHI氏に続いて今回の作品で登場キャラクターが多い。下段キャラクターがオリジナル(左からカエル、アフロ&モコモコ、スターマン)。


とまとぴゅーれ(id:tomatogarden)

f:id:daichan330:20090510021812p:image f:id:daichan330:20090510021813p:image f:id:daichan330:20090510021814p:image

うごメモはてな

登場キャラクターは「うご子(赤い方)」と「メモ子(青い方、オリジナルキャラクター)」。


けんじ(id:k_noji)

f:id:daichan330:20090510021815p:image f:id:daichan330:20090510021816p:image

うごメモはてな

登場キャラクターはバトル系オリジナルキャラ代表?の「バンレンジャン」。


GBH(id:GBH)

f:id:daichan330:20090510021817p:image

うごメモはてな

AAキャラクターのうごメモ作品で有名。一緒に登場している男性キャラクターは「将司(まさし)」。


fanatics(id:fanatics)

f:id:daichan330:20090510021818p:image

うごメモはてな

「うごメモはてな」初期から今まで活躍されている「人気うごメモラー」の1人。登場キャラクターは作品でも多数使用されているクマ。


tômô(id:tomo_alice)

f:id:daichan330:20090510021819p:image

うごメモはてな

「[不思議の国のアリス animation]」で人気のうごメモラー。登場キャラクターも当作品よりアリスと白ウサギ。


全作者のキャラクター登場

最終カットではこれまでの全作者がそれぞれ順番にキャラクターを登場させるという形式を取っています。それぞれ順に分割して作者さんと照合させると以下の通りとなります。

f:id:daichan330:20090510021820p:image f:id:daichan330:20090510021821p:image f:id:daichan330:20090510021822p:image f:id:daichan330:20090510021823p:image f:id:daichan330:20090510021824p:image


作者紹介

終了後提供が流れ、各作者の紹介に移ります。なお、作者名の下に表示されている「うごメモ用コマンド」アイコンは、「こあ/co.a(id:ex_or)」氏提供のものだそうです。

f:id:daichan330:20090510021825p:image f:id:daichan330:20090510021826p:image f:id:daichan330:20090510021827p:image f:id:daichan330:20090510021828p:image f:id:daichan330:20090510021829p:image f:id:daichan330:20090510021830p:image f:id:daichan330:20090510021831p:image f:id:daichan330:20090510021832p:image f:id:daichan330:20090510021833p:image


最後に

という訳で「うごうご☆メモって★HATEN@」の作品ページを分解してみると共に参加者の方々を紹介しました。

本作品はユーザインタフェースの自由度の幅が低い「うごくメモ帳」で作られている大作です(19名が参加しているにも関わらず、20日という短期間で作成された所もポイントではある。)。なお、ほぼ全ての登場キャラクター(および音楽)がうごメモで生み出されたオリジナルとなっている所も特筆すべき点かと思います。約5ヶ月間という期間の「うごメモはてな」を象徴する代表作とも言える作品なので、この機会に「うごメモはてな」を知らないという方々も一度は見ていただくことをお薦めします。

関連

2009-05-08

うごメモVer.2におけるリニューアル「うごメモはてな」で気になること3点

| 23:51 |  うごメモVer.2におけるリニューアル「うごメモはてな」で気になること3点 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  うごメモVer.2におけるリニューアル「うごメモはてな」で気になること3点 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  うごメモVer.2におけるリニューアル「うごメモはてな」で気になること3点 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

本日の「うごくメモ帳 バージョン2」公開にあわせ、うごメモのウェブサイト「うごメモはてな」も新しくなりました。

うごメモはてなも新しくなりました - うごメモはてな日記

2009/04/27から「うごくメモ帳 バージョン2」が公開され「うごメモはてな」も新しくなりました。

しかし、Ver.2リニューアル後、「うごメモはてな」上で気になることを3点程挙げたいと思います。


作品が壊れている?

うごメモバージョン2以降、各種ページ上で「壊れている」作品が散見されるようになりました。

f:id:daichan330:20090509001317p:image

上記だと赤枠で囲っている作品が「壊れている」作品です。壊れている場合、サムネイル上では真っ白、フォーカスしてもアニメーションGIFが実行されません。また、作品ページにアクセスしてもカエル状態(Not Found)相当になっています。

しかし、このような作品でも一部☆が付いているものがあったりします。どうやら「うごメモシアター」からは閲覧が可能なようで、「うごメモはてな」のみ現象が発生しているようです。

とはいえ、インターネット上から閲覧できないということは折角作った作品が評価してもらえないという事態に繋がっています。

以下の通り、関連するアイデアが何件か上がっていますが、GWを挟んでしまったことも含めて、どのアイデアも「検討中」になっておらず、対応されているのかどうかはユーザ側からは現状全く見えていない状況です。

はてなアイデア - 投稿した作品がシアターでしか見れない なのでちゃんとそれを直して欲しい

はてなアイデア - http://ugomemo.hatena.ne.jp/0C864B504CDB987B@DSi/movie/DB987B_08C1C1A40BC27_001?in=userを投稿したらデータが壊れていたので、直さなくてもいいですから消去してください。

はてなアイデア - 破損してしまった作品を作者が削除できるようにしてほしい (破損作品は削除画面まで飛べないので)

はてなアイデア - うごメモシアターで自分の作品を見ようとすると、データが故障しています と表示されて、見たり、削除出来ません。そんな作品が3つあります。

はてなアイデア - みんなの作品の中でデータが壊れている作品が何作品もある。どうにかして?。

はてなアイデア - 壊れたメモデータを自動的に削除するシステムを導入して欲しい。 投稿した作品ではメモデータが壊れていますと表示されて削除することができない。

「ちょっとメモ」による作品ページの肥大化

「うごくメモ帳」のバージョン2では「ちょっとメモ」という機能が追加されています。

ちょっとメモ

うごメモシアターからも、作品にコメントができるようになりました。「ちょっとメモ」というその場で簡単なメモを書いて投稿できる新しい仕組みです。

普通のうごメモのように、お絵かきコメントや手書きのコメントが描けるので、作品をお題にして、みんなでコメント欄で大喜利をしたり、お絵かきしりとりを楽しんだり、いろいろな新しい遊び方や楽しみ方ができます。また、コメントにも☆を付けることができるようになりました。

うごメモシアターからコメントを書くには、うごメモはてなでの「はてなID登録」が必要です。

「うごくメモ帳 バージョン2」が公開され、うごメモシアターがバージョンアップしました - うごメモはてな日記

本機能ですが、既に公開されてから10日間で30万件が投稿されたそうです。(通常の文字のみコメントも合わせると55万件になる模様。)

プレスリリース - 株式会社はてな


しかし、この「ちょっとメモ」を「うごメモはてな」から見た場合、1個の「ちょっとメモ」は1個の「GIF形式画像」として表示されます。このコメントGIF画像の容量ですが、どんなに小さくても2KB、物によると5KB以上になる画像もあります。

はてなスターと同様に「ちょっとメモ」(コメント)も人気作品に集中することになるため、以前よりも1個の人気作品ページを全て開くためのコストがかかるようになりました*1

なお、Ver.1でも作品ページのコメント欄は荒れた場合などコメント数が増えると1ページのロード量が肥大化する可能性はありましたが、「ちょっとメモ」導入により可能性が更に高まっています。


本件については、Ver.1の時点からYoutubeなどのようにコメント部分を分割案が提唱されてはいます。しかし現状「検討中」のままの状態です。(「検討中」のままとなっているは、コメントページを分割するとコメントのURIが変わる可能性が高く、URIに紐付いているコメントへのはてなスターの移行が必要となるため?)

はてなアイデア - 作品ページのコメント数が多い時にページの容量が大きすぎることがある。コメントが多い場合は全表示せずに一定のコメント以上は表示を省略し、別ページへのリンクを張って欲しい。


「ちょっとメモ」による作品ページのコミュニティ化

ページサイズ肥大化以外にも「ちょっとメモ」がもたらす影響としては「作品そのものが1つのコミュニティを形成」することがあるように思います。

Ver.1ではうごメモはてな上でしかコメントをやり取りできなかったため、DSi側からはコミュニティ形成にはある基軸となる作品に対して子作品を作成する必要がありました。

Ver.2では、DSi上からも「ちょっとメモ」によるコメント投稿が可能となったため、DSiユーザも対話に参加することが可能となった結果、「1作品=1コミュニティ」を形成する可能性が出てきました。

作品そのものがコミュニティ化することによる影響等については、ユーザ同士の繋がりがよくなる反面、以下のエントリでも取り上げられている「不特定多数によるモラル等の悪化」も考えられます。

うごメモはてな部

なお、「うごメモはてな」上では以下の通り「個人情報、出会い」に関する事項は通報対象とされています*2

個人情報、出会い 本名、住所、電話番号、所属などの情報や、その情報の掲載を促す内容、また待ち合わせや個人的な連絡を募る内容が含まれます。

なお、「ちょっとメモ」の導入によりリニューアル後は作品だけでなく、各コメントに対しても通報ができるようになりました。しかし、この通報機能の拡張がどの程度効力を発揮するかはまだ現状未知数な部分が多いです。

mixiSNSでは今年3~4月にかけて以下の事例があったこともあり、出会い系の事項は現状ナイーブな話になりつつあるように思えます。そうなると「うごメモはてな」の運営そのものにも影響は少なからずあるかもしれません

*3

mixi“出会い”コミュ一斉削除 「健全化」の一環 - ITmedia NEWS

警視庁、ミクシィなどに“出会い”書き込み削除要請 - ITmedia NEWS

Expired


最後に

個人的にうごくメモ帳Ver.2版「うごメモはてな」上で気になる点を3点程挙げてみました。

特に最初の作品が壊れている(ように見える)問題は、閲覧者側ではなく作品提供者への影響度が高く、うごメモラーの作品制作意欲を減退させる可能性も考えられます。できれば早めに対策していただきいたい所です。

*1:ただし、実際のロード順序は作品(Flash)が優先されるため、ページを全ロードしなくても作品の閲覧は可能。

*2:「個人情報、出会い」が禁止されたのは、以前Ver.1の頃に出会い系の作品が一時期流行したことに起因していますが。

*3:問題自体は「はてな」全般に言えますが、「うごメモはてな」が最も低年齢層が使用しているため、同様の事例が発生する可能性が高いのでは?

2009-05-05

うごメモワークショップに参加してきました(改めて感想など)

| 03:44 |  うごメモワークショップに参加してきました(改めて感想など) - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  うごメモワークショップに参加してきました(改めて感想など) - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  うごメモワークショップに参加してきました(改めて感想など) - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

今回は先日開催されたうごメモワークショップの感想などを書いてみようと思います。

主なワークショップの内容ですが、はてなスタッフのid:chris4403氏の以下のエントリでも触れられていますので、参考にして下さい。

京都国際マンガミュージアムのうごメモイベントに行ってきたよ! - くりす流

ちなみに自分が参加したのは最終の16時からの回でした。


ワークショップの概要

タイムスケジュールはほぼ1時間で以下のような感じでした。

子供さんが優先でしたが、満員で12人だったのに対し、希望者が11人+自分だったので、参加させていただくことになりました。

うごメモディレクターのid:nmy氏による「うごくメモ帳」の説明(10分程)

実際に「うごくメモ帳」を使って作品の作成(30~40分程)

参加者(最大12人)作成した作品の発表(10分程)

総括など(5分程)

今回は、あくまでも「うごくメモ帳」を使ってみることが主体であり、ご当地(マンガミュージアム)に即してという理由もあったためか、今回は「うごくメモ帳」の基本となるパラパラ漫画を描いてみる部分に主題が置かれていました。

そのため「うごくメモ帳」の説明も「初級」機能であるペンや消しゴムの使い方、紙色・透かし・複写の各機能、再生・保存方法程度であり、音声の挿入やカメラの使用、作品の「うごメモはてな」「うごメモシアター」へのアップロードなどは説明対象外でした。

なお、参加者の作品は以下で公開されています。

うごメモはてな


作品を実際に作ってみた感想

今回のワークショップで個人的に作成させていただいた(初めての)作品は以下です。

30分程度の時間のため、余り大したものは作成できませんでした(時間さえあれば大したものが出来るかと言えば疑問ですが)。

「うごメモはてな」上で見るとかなりショボい内容ですが、パラパラ漫画のページ枚数はこれでも55ページ程使用しています。


で、実際に「うごくメモ帳」を触ってみて思ったことを以下に書いてみようと思います。


とっつきやすいツール群

今回は前でid:nmy氏による実演を見た上で触ってみる形でしたが、実際にメモとしてだけで使おうとした場合、

  • 3色で色の太さも自由に変更できるペン
  • 色塗りツールとしても使えるブラシ
  • 消しゴム機能

とかなり高機能な印象を受けました。またパラパラ漫画を作ってみるという部分については、

  • 十字キーだけで簡単にページの先送り(新規ページ作成)や後戻り、作品の再生が可能であること
  • 透かしや複写など新規ページの作成時に役立つ機能が常備されていること

などがあり、触ってみて結構とっつきやすいツールである印象を受けました。

特に「透かし」機能は描いてきた過去の履歴内容がある程度画面上に表示されるため、次ページの内容をどう描けばいいかが想像しやすく便利だと感じました。


結局「使い手がどう使うのか」が重要

ツールそのものは使いやすい印象を受けましたが、実際に作品を初めて作ってみて難しかったのは、作品そのものをどう構成していけばいいか、要するにコマ割をどうすればいいか部分でした。

自分の作品は実際に作りながら構成を決めていったのですが、最初から構成がガッチリと決まっていれば、もう少し作品の完成度を高くできたのかもと思う節もありました。

実際に同じ組で一緒に作品を作っていた子供さん達の中にも、30分間の間に沢山(3,4作品)作られていた子もいれば、1作品に割り当てられた30分をオーバーしてまでも作っていた子もいました。

ツール自体が使いやすいだけに「使用者がどう使うか」で十人十色の使い方が可能になるツールであるという感じでした。


力作を作るためにはそれ相応の時間が必要

今回は作成時間が「30分」と決められていましたが、自分の中ではかなり「30分」という時間は短いと感じました。

そのことも踏まえると、実際に「人気うごメモラー」として活躍されているうごメモユーザの皆さんは、「1つの作品の制作に一体どの位の時間を割いているのだろうか?」ということが気にかかりました。

ツールそのものの使い方に慣れれば制作時間は短くなりますし、個人差が加味する部分だとは思いますが、やはり「力作を作るにはそれ相応の時間を要している」のだと改めて感じました。

自分の作品をうごメモはてな上で改めて見た際に感じたのですがDSi上で自分の作品を見た時よりも、うごメモはてな上で見ると、どうしても「1~2段階位ショボい」という印象を受けました。

そういう意味でも改めて「うごメモはてな」上でも「これはすごい」という作品を作られているユーザの方々は「凄い」と感じました。


「通報」「管理者削除」は強力すぎる作品排除手段

上記を踏まえた上で、多くのユーザが「うごメモシアター」経由で作品を閲覧している(と思われる)現状から考えると、

  • うごメモシアターでの公開を一時的に排除する「通報」
  • うごメモシアター・うごメモはてなの公開を(状況に応じて)完全に排除する「管理者削除」

の2つについては、かなり強力な作品排除手段だという認識を改めて持ちました。

特に「通報」は、ユーザインタフェースの点も含めると、現状かなり簡単な手順で実行できることは確かです。

しかし一度作者側から見てみると、はてな側の最終判断が下されるまでは「一時的」であるにしろ、今まで作品制作に費やした時間が全てが水泡に帰す可能性もあり、受けるダメージはかなり高いように感じました。

最近の動向を見ると以前に比べて作品の無差別通報的なことは沈静化しつつあるのではないかと思われますが、未だに通報されたまま放置されている作品自体が何件か残っていることも踏まえると、管理者側の「通報」→「管理者裁定」までのコール&レスポンスについては、サービスが続く限り重要視される事項ではないかと思います。


最後に

今回「うごメモワークショップ」で「うごくメモ帳」をツールとして実際触らせていただいたことで、あくまでもこれまでは「うごメモはてな」上からのみの視点だった所から、作者側の視点からも(少しばかりではありますが)見られるようになったのではないかと思いました。

その上で改めて「うごメモはてな」で人気を集めているユーザの方々にも作品制作にかかる相応の時間と苦労があるのだと感じました。

実際に今後自分自身がDSiを購入して、うごくメモ帳をダウンロードし、作品制作を行うかについては未定ですが、今回は貴重な体験をさせていただいたと感じています。

本当にありがとうございました。

2009-05-02

うごメモワークショップに参加してきました

| 21:07 |  うごメモワークショップに参加してきました - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  うごメモワークショップに参加してきました - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  うごメモワークショップに参加してきました - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

f:id:daichan330:20090502145452j:image

f:id:daichan330:20090502210326j:image

はてなクラブのイベントではてな京都本社を訪れてから早2ヶ月が経ちましたが、本日はうごメモワークショップで、京都マンガミュージアムまで行ってきました。

DSは持っているのですが、DSiは持っていないため、短い間でしたが実際に初めて「うごくメモ帳」を触らせていただきました。(id:nmyさん司会お疲れ様でした。)

また、id:jkondo社長、id:reikonさん含め「はてなスタッフ」の方々とも少しの時間ですが、お話させていただきました。ありがとうございました。(トッキー君の姿も少しだけですが拝見しました。)


(今更にはなりますが)「うごくメモ帳」を触ってみて感じたことやイベントについての感想は諸々の件含めて、明日以降に改めて書きたいと思います。


ちなみに

本日のイベントですが、以下の京都マンガミュージアムの公式ブログでも公開されているようです。

えむえむブログ | 京都国際マンガミュージアム