Hatena::Groupdaichan330

趣味には偏ってないだいちゃんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-03-31

「とらドラ!」スター

| 23:01 |  「とらドラ!」スター - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「とらドラ!」スター - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  「とらドラ!」スター - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

本日、はてなスターの色付きバージョン「カラースター」の販売を開始しました。


カラースターには、 グリーンスター、 レッドスター、ブルースターの3色があり、これまで提供していたノーマルスター(無料)と合わせて全部で4色のカラーバリエーションが生まれました。

色付きはてなスター「カラースター」の販売を開始しました - はてなスター日記

ということなので、何となくダイアリーやブックマークのスターを「とらドラ!」スターに変更してみました。利用したのは前回と同じく「モアイ部」さんの「とらドラ!」アイコンです。


とりあえずCSSソースと表示結果だけ置いておきます。

表示内容

f:id:daichan330:20090331224742p:image

  • イエロースター:逢坂大河
  • グリーンスター:高須竜児
  • レッドスター:櫛枝実乃梨
  • ブルースター:川嶋亜美
  • 一時スター:独神(恋ヶ窪ゆり)

北村はぶっちゃけ入れる余地がありませんでした…(´;ω;`)

CSSソース

.hatena-star-star-image {
  background-image: url("http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/d/daichan330/20090331/20090331223909.png");
}
.hatena-star-green-star-image {
  background-image: url("http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/d/daichan330/20090331/20090331223908.png");
}
.hatena-star-red-star-image {
  background-image: url("http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/d/daichan330/20090331/20090331223911.png");
}
.hatena-star-blue-star-image {
  background-image: url("http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/d/daichan330/20090331/20090331223910.png");
}
.hatena-star-temp-star-image {
  background-image: url("http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/d/daichan330/20090331/20090331224216.png");
}

2009-03-30

はてなキーワードの統計グラフにおけるscriptエラー

| 14:38 |  はてなキーワードの統計グラフにおけるscriptエラー - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  はてなキーワードの統計グラフにおけるscriptエラー - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  はてなキーワードの統計グラフにおけるscriptエラー - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

はてなアイデア - ブログページの統計グラフにアクセスすると「行:41 エラー:識別子、文字列または数がありません。」のスクリプトエラーが発生。

もう半年以上前の話になるこのアイデアですが、偶々気が向いたので少し調べてみました。

ex. 「はてなアイデア」のトレンド - はてなキーワード

エラー内容

IEだと最新版の8でも上記の「統計グラフ」ページにアクセスすると以下のようなscriptエラーになったりします。

f:id:daichan330:20090330144210p:image

しかしFirefox3/Safari3だとこのエラーは発生しません。

エラー原因

HTMLソースを見た所、エラーメッセージ通りちょうど現在の43行目辺りにある以下のscriptコードがエラーの直接原因のようです。コピペの影響だと思われますが、グラフ線の色を決定する?ハッシュ変数を構築する際、最後に「,」が入ってしまっています。

(function() {
    var GRAPH_COLORS = {
        '':   'FF771C',
        'bl': 'FF1594',
        'gr': 'FF771C',
        'pi': '661BFF',
⇒      'mt': 'FF1594',
    };
:

ブラウザ互換の疑問

C/Javaなどのコンパイラ言語なら、これだと明らかにコンパイルエラーになると思うのですが、IEはエラーになりましたが、Firefox3/Safari3辺りのMozilla系ブラウザではエラーにならないようでした。実際の所「JavaScript(ECMAScript)としては」どうなんでしょうか…?

追記

id:os0x氏にECMAScriptの現行仕様についてご教授いただきました。ありがとうございましたm(_ _)m

http://h.hatena.ne.jp/os0x/9234086049443370926

YuichirouYuichirou2009/03/31 00:09ECMAScript 3の仕様上は間違いですが、その方言であるJavaScriptや、Perlなど他のLL言語などでは許容され、むしろ推奨されています。新たにkey- valueペアを書き足すとき、1行付け足しだけして前の行の最後にカンマを入れ忘れちゃうことってよくあります……よね?
まぁ、このトラブルはありがち過ぎてよく話題に挙がっていたりするのですが。
例:http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50893888.html (さっきもう1つ挙げてたけどちょっと違う話題だったので削除します)

daichan330daichan3302009/03/31 01:42ありがとうございます。
Script系言語は少し齧り始めた状況だったので、文法的には犯しがちな内容とはいえ、エラーになるのかどうなのかイマイチ疑問だったのです。(厳格なコンパイラ系言語ならエラーとしてはねそうですが)

2009-03-28

はてなハイクのMyはてなとのお気に入り連携に関して

| 14:24 |  はてなハイクのMyはてなとのお気に入り連携に関して - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  はてなハイクのMyはてなとのお気に入り連携に関して - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  はてなハイクのMyはてなとのお気に入り連携に関して - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

昨日はてなハイクであったMyはてなとのお気に入り連携について、思ったことを少しばかり?書いてみようと思います。

はてなハイクがMyはてなの「お気に入り」機能と連携しました - はてなハイク日記


ハイクにおける久々の大幅な仕様変更

今回の仕様変更は「はてなハイク」としては久々に大きな仕様変更となっています。大まかに記載すると、

  • これまでは日本語版でも基本用語は英語となっていたものを日本語化した。
  • followの仕組みが変わり「Myはてな」のお気に入り機能と連携するようになった。
    • 「follow(ing/er)」というtwitterよりの用語を排斥。
  • ユーザページに「Myはてな」の簡易プロフィールが表示されるようになった。
    • Profile」タブ(通称IDページ)も「About」に改称。

辺りではないかと思います。

特に、followシステムの変更は前回2008/07/31に以下の変更が行われて以来の大幅な変更になっています。

ユーザーをフォローする仕組みを大きく変更しました - はてなハイク日記


「following/followers」から「fan/favorites」に

今回の変更でハイク固有の機能であったユーザfollowシステムはほぼ「Myはてな」のお気に入り機能に置換されました。ですが、単純に「follow」と「お気に入りに登録」が同値になったのかと言われるとそれは間違いです。特に重要なのが以下の機能が追加されたことです。

メッセージ

はてなハイクで「お気に入りに追加」を行うと、追加されたユーザーに対し、はてなメッセージで通知されます。自分が受け取ったお気に入り追加通知は、はてなにログインした状態ではてなメッセージからご確認ください。

お気に入りユーザーの不具合について - はてなハイク日記

つまり、ブックマークやうごメモはてなと同様「followすると相手にメッセージが届く」ことになりました。今までのハイクのfollow機能はfollowしても相手側には通知されない仕様(follow数やfollowersからの確認は可能)となっていました。しかし今後は「誰がお気に入りに入れたのか」を確認することが容易になります。しかし一方で相手の「お気に入り」をblockする機能は用意されませんでした。

今までの緩いfollow機能でも「followを迷惑がる」ハイカーは少なからず存在していました。現状の「お気に入り」機能になり誰がfollowしたかが分かるようになった結果、followが揉め事の火種になり得る可能性は更に高まったともいえます。

「お気に入り」に入れる際は今までのfollowよりも慎重に行う必要があるのではないかと思います。


「プロフィール」表示機能における罠

もう一つの重要な仕様変更はユーザページの右側フレームに「Myはてな」のプロフィールが表示されるようになったことです。表示される項目は「はてなID、ニックネーム、一行紹介(全体公開の場合?)」の3つです。

注意が必要なのは「Myはてな プロフィール」がはてなハイクからも表示・アクセスが可能になったことです。これまで「Myはてな プロフィール」は「Myはてな」もしくはダイアリーのaboutページというどちらかと言えば奥まった場所で公開されていました。しかし今回の仕様変更により、具体的なサービスとして「Myはてな プロフィール」はダイアリー個別のものから、はてな全体へと波及したことになります。これは、はてなハイカー以外にも重要な意味を持っているのではないかと思います。


まとめ?

今回の仕様変更は「Myはてな」と「はてなハイク」との連携強化とも言えるもので、おそらくいつかは行われていたのではないかと思います。実際以下のようなアイデアもありました。

はてなアイデア - お気に入り・ファン・フレンド情報にはハイクのfollower/followingも加味して欲しい。「ブックマーク」と「うごメモ」だけではユーザ間の繋がりの幅が狭すぎる。

ただし、今回の仕様変更ははてなハイカーにとっては前回のfollowに関する仕様変更並みのかなり急激な変更ではなかったかと思います。

更に重要なのは、今回followの仕様変更だけでなく、「Myはてな プロフィール」機能の公開範囲が「はてなハイク」に広がっていることです。このため「Myはてな プロフィール」機能の価値が更に高まっており、はてなハイカー以外のユーザに対しても影響が出ています。「はてなハイクの仕様変更だから使ってない自分には無関係」とはなっていないことに注意が必要かと思います。

はてなハイクのプロフィールアイコンをMyはてなの「プロフィール写真」に変更するブックマークレット

| 18:35 |  はてなハイクのプロフィールアイコンをMyはてなの「プロフィール写真」に変更するブックマークレット - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  はてなハイクのプロフィールアイコンをMyはてなの「プロフィール写真」に変更するブックマークレット - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  はてなハイクのプロフィールアイコンをMyはてなの「プロフィール写真」に変更するブックマークレット - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

javascriptbookmarkletのお試しで作ってみました。

「プロフィール写真」が見つからない場合は多分変更しないようになっていると思います。メンテナンスはするか不明。

javascript:(function(){var%20a=document.getElementsByTagName('img');for(var%20i=0;i<a.length;++i){var%20b=a[i];if(b.className!='profile-image'&&b.className!='profile-icon')continue;var%20u=b.alt;var%20s='http://www.hatena.ne.jp/users/'+u.substring(0,2)+'/'+u+'/user_p.gif';var%20m=new%20Image();m.src=s;if(m.width)b.src=s}})()

2009-03-26

はてなハイクで起こりがちな3つの「揉め事」原因

| 00:25 |  はてなハイクで起こりがちな3つの「揉め事」原因 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  はてなハイクで起こりがちな3つの「揉め事」原因 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  はてなハイクで起こりがちな3つの「揉め事」原因 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

何となく今回は「はてなハイク」で起こりがちな揉め事を3つ程挙げて紹介してみたいと思います。

なお、今回紹介するのは「はてなハイク」で起こりがちなもののみ紹介しています。そのため、例えばエントリの内容や実況等によって起こる揉め事など、Web上で発生するありがちなパターンは今回除外しています。


他ユーザからの☆がウザい

はてなハイク」に限った訳ではなく「はてなスター」を使っているサービス全般に言えることですが、あるユーザから付けられた☆自体が「鬱陶しい」というものです。「うごメモはてな」を除いたはてなのサービスでは特に「はてなハイク」は☆が付きやすい傾向にあります。そのため☆によるトラブルも発生しやすいものと思われます。

「☆がウザい」というパターンには大別すると「☆を大量に付けまくる」「空気を読まずに☆を付けまくる」の2種類があるようです。「はてなスター」それ自体の目的は善意の具象化と言えますが、その善意自体が重荷になった結果、悪意へと転換し「☆=ウザい」ものと捉えることも往々にしてあるようです。


他ユーザからのfollowがウザい

はてなハイクでは「興味のあるキーワードや他のユーザーの最新情報をチェックする」目的として、キーワードやユーザをfollowすることが出来ます。このうち、ユーザをfollowする行為が鬱陶しいと感じる場合もあるようです。follow自体は同じミニブログとされているtwitter等でも用意されている機能で、followしたユーザの一覧はユーザページ(Entry)の左側フレームに「Followers」として表示されます。

ちなみにtwitterなどの他のミニブログでも「Followers」の確認はできますが、自分の発言をfollowして欲しくないユーザがいればこの段階でfollowのblockが可能です。しかし、はてなハイクではfollowをblockする機能は現在準備されていません。

そのため、「Followers」欄はある意味「ω・)…お前を監視しているぞ…」という無言のプレッシャーを与える場合があります。もちろん誰が誰をfollowしようと、followからremoveしようと自由ですから、followされている側は「followして欲しくない」と思っていてもfollowする側はお構いなしにfollowすることができます。この辺りのfollowの認識における揉め事も少なからずあるようです。


使い捨てキーワードの乱立がウザい

はてなハイクは元々「キーワードで繋がるミニブログ」を謳っていました。最近は「お絵描きも楽しめるミニブログ」となったり、はてなトップページの説明でもキーワードを強調するという形式にはなっていませんが、ヘルプを見るとキーワード絡みの話も依然強調されています。

このキーワードにも揉め事に繋がる要因が隠されています。いわゆる「1エントリしか存在せず以降は全く使われない」という「使い捨て」タイプのキーワードです。「そんなタイプのキーワードなんて沢山あるんじゃ?」とお思いかもしれませんが、はてなハイカーの中には使い捨てキーワード自体を快く思っていないユーザもいらっしゃいます。理由は色々あるのでしょうが、「沢山の使い捨てキーワードが投稿されると、public timeline(要するにトップページ)やfollowingのtimelineが汚されてしまって迷惑」「検索結果に使い捨てキーワードが大量に表示されると迷惑」などがあるようです。

なお、この使い捨てキーワードですがどうもメール経由で起こりやすい?という話が一部であるようで、以下のようなアイデアがあったりします。

はてなアイデア - メールで投稿時の「メールの件名がキーワード(お題)、メール本文の文字が本文」を「メール本文に[[キーワード]](改行)以降に本文」など、件名≠キーワード指定とする。

現状はてなハイクでの「メール投稿」の仕様は「Subject=はてなハイクのキーワード」となるのですが、その仕様だとマルチポストされた場合に使い捨てキーワードを無駄に作ってしまうということのようです。


最後に

はてなハイクで起こりがちな3つの「揉め事」原因を挙げてきましたが、はてなハイクは他のはてなのサービスと違って投稿される全エントリが「パブリック(全体に公開)」であることも遠因の一つかもしれません。

特に「自分のユーザー名への投稿」つまり「Profile(IDページ)への投稿」は、全体の新着エントリであるトップページには表示されませんが、「トップページに表示されていないだけ」で、はてなハイクを使用している全ユーザに公開されていることには変わりがありません。あくまでも「はてなハイクを使用する場合は全ての発言は公開されている」ことを念頭に置いた上で「自由に使う」ことが求められているのかもしれません。

2009-03-21

うごメモシアター改善アイデア募集の真意を探る

| 18:07 |  うごメモシアター改善アイデア募集の真意を探る - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  うごメモシアター改善アイデア募集の真意を探る - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  うごメモシアター改善アイデア募集の真意を探る - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

今回は昨日あった以下の件についてです。

本日、うごメモシアターからもサービス改善のアイデアを募集開始しました。

これまで、はてなへうごメモシアターへのご意見やご要望を直接お送りいただくには、コメントやメールでのお問い合わせなどの方法しかありませんでしたが、今回ニンテンドーDSiでうごメモシアターをご利用の方からも直接アイデアを投稿いただけるようになりました。

うごメモシアターからも改善のアイデアを募集開始しました - うごメモはてな日記

この件についてうごメモラーの方々は概ね好意的な印象を持っているようで、既に子作品が250件以上作られており、改善要望に対するうごメモラーの熱意が伝わってくるのですが、個人的には「微妙かもしれないなぁ」と思ったりしています。


結局はお気に入り仕様変更の批判を逸らす策?

もちろん今回の件について改善要望の中には先週変更のあった「うごメモシアターのお気に入り仕様変更」もあるのですが、既にそれらははてなアイデアでも取り上げられている件だったりします。その中で1000株に到達しているアイデア(=はてな側に通知が飛んでいるアイデア)は以下の2つでしょうか。

はてなアイデア - 3月12日に追加した機能で、お気に入りの新着作品がシアターでも見れるのはいいが新着順の欄に載せるのは人気がない作者に迷惑。お気に入りという欄を作りそこに載せてほしい

はてなアイデア - うごメモシアターのみんなの作品 新着順で、お気に入り作者の新着作品が表示されるようになった機能のせいで、 ウゴメモを楽しめるはばが減ってしまった。不便。

そう考えると今回の改善要望目的はそれだけが全てではないにしろ、時期的に考えても前の「お気に入り仕様変更」を「ムチ」と考えた場合の「アメ」、つまりは批判を逸らすためのはてな側の策なのかな…と思える節もあります。


おそらく全ての改善案には目を通さない

もう一つ気になる点は「改善案に本当に目を通すのか」という点です。既に1日も経たないうちに250件もの子作品が作られている状況で全てを見ることは「おそらく」無いだろうと思います。

本当に見るならスゲェと言いたいのですが、(はてな側の閲覧インタフェースがどうなっているかは不明という点を差し引いても)以下の要望が「検討中」の状況を考えると、1作品を最初から最後まで見なくてはいけなくなり、おそらく人的・物量面から考えても無理でしょう。

はてなアイデア - 各種動画サービスやフォトライフの動画機能と同様に再生時間もしくはプログレスバーを出して欲しい。

ディレクターのnmy氏の手で「うごメモアイデア」チャンネルが作られていますが、これも現時点で350作品以上が関連付けられており、一朝一夕で全部の改善要望作品を確認するのは難しそうです。

うごメモはてな

結局基準は「スター経済」、そして「お気に入り仕様変更」が効いてくる

全ての改善要望作品の確認が既に生半可でない、そして恐らく重複が多数含まれている可能性を考えると、ここではてな側がチェックする主な点は以下の2項目になりそうです。

  1. ☆を付けているユーザ数
  2. 閲覧回数

おそらくはてな側が見るのは純粋に「☆の数」ではなく「☆を付けているユーザ数」になる(これは以前からはてなスターに関してはてな側が取っている方針でもある)のですが、要望作品に関しては「☆の数がそこそこ多ければ☆を付けているユーザ数も多くなる」仮定が成立するのではないかと思います。そうなるとここでも「スター経済」の影響が反映されるのは避けられないでしょう。要は人気うごメモラーからの提案が受け容れられやすい下地が既に出来上がっています。

また、もう一方の閲覧回数はというと、うごメモシアター経由のユーザが大半であることから、ここで先週の「お気に入り仕様変更」が悪い意味で効いてきます。やはり無名ユーザの改善要望は「他のユーザからも見向きもされない=☆も付かない」ということになります。

今回の改善要望についても、結局は「人気うごメモラーからの要望が通りやすい」という通常の作品と同じ土台が既に出来上がっているように思えます。


無名うごメモラーはどうすればいいのか

上記のような土台が構築されてしまっている現状では無名うごメモラーからの要望ははてなに伝わりにくいことに変わりはありません。

他の方法はというと簡単に思い付くのはコメントでしょうが、「うごメモはてな日記」等のコメント欄を見ても明らかですが、コメントによる要望は「炎上」しがちなのではてな側が取り合われる可能性はかなり少なそうです。

となると、結局「無名のうごメモラーは『はてなアイデア』か『お問い合わせ』、『サポート掲示板』を使いましょう」という話になる気がします。しかしうごメモシアターしか使えないユーザにはこれらの機能はPCユーザよりも使い辛いものであり、結局言っても通らない「泣き寝入り」状態になる可能性があります。


最後に

最終的にははてなのうごメモスタッフやサポートがどれだけ熱意を持って要望作品を見ていただくかに今回の件はかかっているかと思うのですが、現状を踏まえてもモチベーション的な継続はかなりきついのではないかと思えます。

結局は「はてなアイデアの大株主達がアイデアを実質動かしている」のと同様、「人気うごメモラーがうごメモシアターを動かしていく」といういわゆる「スター経済」構造に従っていくのではないかと思います。

WhiteWhite2009/03/24 22:38俺も投稿してるけどへんな昨日がついて
星が全然つかなくなったorz
すごく今イラついている

SY_HT7534SY_HT75342009/04/02 11:33私が前お問い合わせ苦情で
[シカトするのもいい加減にしろ。改善会議の途中経過なりコメント発表しろ。]
という内容を送りつけてみた。
だが返答が質問の答えになってない。
[ただいまはてな内で改善を検討しています。ご不便をおかけ致しますが、もうしばらくお待ちください。]
こうなると作品、お問い合わせ、うごメモ日記などへのコメントが有効でなくなる。となるとideaしかなくなるが、結局検討中状態がいつまでもつづく可能性がある。これではユーザーはほぼ何も出来ないことになると私は思います。

2009-03-14

うごメモシアターの仕様変更と「スター経済」への影響

| 17:27 |  うごメモシアターの仕様変更と「スター経済」への影響 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  うごメモシアターの仕様変更と「スター経済」への影響 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  うごメモシアターの仕様変更と「スター経済」への影響 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

久々にうごメモネタです。


今週、うごメモシアターで以下のような変更があったようです。

本日、うごメモシアターの「みんなの作品 新着順」で、お気に入り作者の新着作品が表示されるようになりました。

うごメモシアターでお気に入り作者の新着作品が表示されるようになりました - うごメモはてな日記

本件ですが、うごメモラーにとって(当たり前の話ですが)かなりの不評・批判対象となっています。(コメント欄の投稿数が久々に半端ないことになっています。)

今回はこれについて考えてみたいと思います。


なぜこのような対処を施したのかを考察

上記仕様変更の紹介ページによると、理由は以下とあります。

うごメモシアターではサービス開始より投稿数が日々増加しており、「みんなの作品 新着順」から自分の好みに合う作品をすぐに探して楽しむことが難しくなって参りました。


このような状況を受け、「みんなの作品 新着順」では自分が「お気に入り機能」を使ってお気に入りに登録している作者の最新の作品を表示することとし、気に入っている作者の新着作品を日々楽しむことができる場として活用していただけるよう変更しました。

うごメモシアターでお気に入り作者の新着作品が表示されるようになりました - うごメモはてな日記

実際、現時点での作品総数はサービス公開時点から3ヶ月にもかかわらず既に50万件以上という膨大な数になっています。この状況では確かに「自分好み」の作品を見つけるのは難しいのかもしれません。

しかし、一方で50万件+日々何百~何千件単位で増加していく作品を管理することが難しくなってきているのではないかという危惧も透けて見えます。もちろん管理というのはサーバ管理ではなく人員的な作品管理という部分でしょう。

基本的にユーザの大半はDSiを利用した「うごメモシアター」経由のようですから、閲覧可能にするのを「お気に入り+人気作品のみ」と限定することで、できる限り不適切な動画をシアター利用者から閲覧できないようにし、不適切な作品に対する「通報→削除処理」における時間を少しでも引き延ばそうとしているのではないかという意図も感じられます。

また、本件はどうやら「うごメモシアター」利用者には3/7の時点でnmy氏名義で広報されているようです*1。その内容を見ると「はてなID」を取得するように推奨しているようです。仕様変更と同時に公開された下記の動画もそうですが、はてなID取得者とそうでないユーザの差別化を明確にして、はてなユーザ数を増やすという考えも少なからずあるようです。


うごメモシアター利用者からの不満事項

今回の仕様変更は当たり前ですが、既存の動作に少なくない変更をもたらすものであり、現在の「うごメモシアター利用者」からは文字通りの大不評であると言えます。理由をざっと見てみましたが、大まかには以下の意見のようです。

  1. 昨日まで使えていた機能が使えなくなった!戻して欲しい!
  2. 誰かが自分をお気に入りに登録しないと自分の作品を見て貰えない!
    • 「うごメモはてな」からはこれまで通り閲覧可能なので厳密には間違いですが「うごメモシアター」だけで考えるとそう見える。
  3. ☆の数の多少による作品の貧富格差がこれまで以上に増大する!

特に2,3が「うごメモシアター」利用者にとっての不満事項の根幹とも言えるのではないかと思います。それは一方では「お気に入りが多いユーザ&☆の多いユーザ=優良うごメモラー」「☆の多い作品=優良うごメモ作品」という現在「うごメモはてな」というコミュニティで構築されつつある「暗黙の概念」に拍車をかけることになる可能性が考えられます。それを象徴する概念として「スター経済」という言葉が紹介されたりもしています*2


「スター経済」とそれがもたらす意味

「スター経済」とは「無意味なものでも、それに序列や損得の概念が入ってきたときに、意味を感じてしまう人間の脳の“癖”が引き起こす。この脳の癖を利用したサービス」だそうです。

誰が言われたのかまでは調べていないのですが「うごメモはてな」における「はてなスター」のインフレーション現象をかなり的確に表した内容ではないかと言えます。

「うごメモはてな」が入ってくるまでの「はてなスター」自体はあくまでも「ちょっといいな」を具体的に形として表したもの程度であり、そこに「序列」の概念はどちらかというと希薄だったのではないかと思います。「うごメモはてな」で「ちょっといいな」が「作品の価値」に置換された結果、発生した現象とも言えるのではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが「スター経済」が結果的にもたらすのは「☆の多い作品=優良作品」であり「☆の多いユーザ=優良ユーザ」という概念ではないかと思います。本日記もどきでも紹介させていただいた人気うごメモラーの方々が現時点でも「人気うごメモラー」として君臨し続けるのはこの「スター経済」の仕組みに(偶然とはいえ)上手く乗っかかったからとも言えます。


今回の仕様変更とスター経済への影響

今回の「うごメモシアター」の仕様変更は「スター経済」にどのような効果をもたらすのかと考えた場合、やはりユーザ・作品による「☆における貧富格差」を助長するのは(少なからず)否めないものと思われます。

新規参入者は当たり前ですがお気に入りユーザは「0」ですから閲覧してもらえる可能性は仕様変更前よりも減ることは十分考えられます。もちろん良い作品を投稿すれば「お気に入り」が増えて閲覧数が上がる正のフィードバックも十分に考えられますが、現行の仕様変更ではやはり「人気うごメモラー」を上位とした階層構造が顕著化することも考えられます。

その場合、階層構造の下位に位置する、つまりは☆を貰えないユーザはとなると、最悪の場合は「うごメモ」自体を止めてしまうか、階層構造の上位者、つまりは人気うごメモラーに対して嫉妬を抱くことが考えられます。後者の具体的な行為となると、最近うごメモラーの間で問題になっている「無差別通報」ということになるでしょう。この場合の「無差別通報」とは、「(全ユーザの作品を)無差別に通報する」のではなく、「(特定ユーザ、つまり人気うごメモラーの作品を)無差別に通報する」ことになります。通報してしまえば「閲覧不可」となり、人気うごメモラーの作品は見ることができず、追い落としを図ることもできます*3

ともあれ、このような事態まで陥ると「うごメモはてな」としてのコミュニティ自体が停滞してしまうことになります。


最後に

色々と書いてきましたが、今回の仕様変更はまだ始まって数日であり、上記のような負のケースに本当に至るかどうかは分かりません。それはうごメモラー次第とも言えるでしょうし、1週間・2週間…と若干長いスパンで見なければ徴候が現れてこないものと思います。

また、先にも書きましたが仕様変更だけ見た場合、「うごメモシアター」閲覧者からは「お気に入り作品+人気作品」しか見えないことになり、不適切な作品を見る機会は仕様変更前よりも減ります。その間隙をぬって、はてな側が現行の通報フロー改善や無差別通報者の一斉除去などを検討している可能性も考えられます。

もう少し冷静に「うごメモはてな」「うごメモシアター」の動向には注目していくべきかなと個人的には思います。

*1うごメモはてな部

*2BPニュースセレクト :テクノロジー :日本経済新聞

*3:ただし「はてな」側から「この作品は、削除の必要が無いと判断されましたので、公開を継続させて頂いております」と判定され公開が再開された段階で、逆にその作品自体に「はてな公認」というある種の箔が付いてしまうため、意味はほとんど無いですが。

2009-03-07

「Myはてな プロフィール機能」におけるはてなのプライベート論等を推察する

| 21:29 |  「Myはてな プロフィール機能」におけるはてなのプライベート論等を推察する - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「Myはてな プロフィール機能」におけるはてなのプライベート論等を推察する - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  「Myはてな プロフィール機能」におけるはてなのプライベート論等を推察する - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

先日、Myはてなにプロフィール機能が追加されました。

本日、Myはてなに「プロフィール機能」を新たに追加し大幅リニューアルいたしました。

Myはてなをリニューアルしました - はてなダイアリー日記

この「プロフィール機能」ですが、相変わらず「はてな」と「はてなユーザ」間の齟齬があるようで、ブクマページやハイク諸々で色々と話題になっています。特に問題となっているのは以下のような仕様のため、プロフィール内容の公開範囲に「ユーザプライベート」な部分が存在しないことです。

  • 「自己紹介」の基本設定・オプション設定の公開範囲は「全体に公開」「お気に入りのみ」「ファンのみ」「フレンドのみ」と4種類であり、ユーザプライベートは存在しない
  • 「お気に入り」「ファン」「フレンド」は全ユーザに公開されている

上記の公開範囲に対してユーザからは以下の要望などが挙げられています。

これまでも「はてな」のプライベート関連の話はしばしばユーザ間との齟齬を生んでいます。その全ては「はてなのサービスは情報を公開しすぎている」という所に行き着くのではと思います。


なぜ「はてな」は情報を公開したがるのか

はてな」に関する書籍やスタッフなどの談話などを読むと、社内でのやり取りはかなりオープンな雰囲気を受けます。

例えば、スタッフは基本的に顔出し/名前出しが前提な雰囲気を受けますし、(社員数が少ないとはいえ)社内のグループで取り扱われている情報は社員全員が書き込み・閲覧可能となっているそうです。そのような(何でも)オープンな雰囲気にも関わらず、社内の運用が問題となっていない(らしい)のは「社員一人一人が高いリテラシーを持っているから」だそうです。(梅田望夫取締役の著書などにそのことが書かれています。)

はてな」は元々「人力検索はてな」に端を発していることもあり、基本的にWeb上における不特定多数のユーザ同士の(緩い)繋がりを重視・信用する方針でサービスを組み立てる傾向にあるのではないかと思います。「ユーザ同士の繋がり」を得るためにはユーザの情報を知ってもらわなければなりません。はてながとにかく「情報を公開したがる」のにはそのような部分もあるのではないでしょうか。


「Myはてな」をSNSチックにした理由を推察

ブクマなどを読むと今回の「プロフィール」機能で「はてな」がSNSチックになったという意見が見られました。確かにポータル的な意味合いからすればそうなるのですが、むしろ「人力検索はてな」だった時代を経て、ポータルサイトとしての「はてな」となってからようやく注力されたという感じを受けます。

そもそもこれまではポータルサイトとしての「はてな」よりも各サービスに主眼が当てられることが多い風潮がありました。「http://www.hatena.ne.jp」は単なる各サービスの中継局と言った感じが強かったのではと思います。ブクマやハイクの意見を見ると「『Myはてな』という存在を初めて知った」というユーザの方が沢山居るのも上記の裏付けとなるのかもしれません。

ともあれ、今回の「プロフィール」機能の実装でようやく「http://www.hatena.ne.jp」上でユーザ間の繋がりを想起させられるようになったのではと思います。


Myはてな プロフィールとダイアリープロフィールの統合

「Myはてな」のプロフィール機能の目玉の一つは「はてなダイアリー」でこれまで独自に提供されていた「プロフィール」機能を統合したことです。

本日、Myはてなにプロフィール機能を追加し、はてなダイアリーのプロフィール設定と統合いたしました。


これまでダイアリーをパブリック状態で利用されていた方のプロフィールは、Myはてなのプロフィール機能へデータを移行・統合しております。

Myはてなとはてなダイアリーのプロフィール機能を統合しました - はてなダイアリー日記

以上の内容から考えても「はてな」側は「プロフィール機能」を「ユーザプライベートとして扱う」こと自体を想定していないことが窺えます(考慮漏れではなくプライベート運用自体を予定していないのでしょう)。

パブリックなはてなダイアリーのプロフィールをそのまま流用したのは「はてなダイアリーに既にプロフィール機能があるのに改めてプロフィールを記載し直してもらうのはユーザに負担がかかる」等もあったと思われますが、以下のような理由もあると思われます。

はてなダイアリーのプロフィール」だって、これまでWeb上に「グローバル」に公開してたんでしょ?じゃあ「はてな」全体の「プロフィール」として「グローバル」に公開して何が悪いの?

先にも書いた通り、「はてな」は「とにかく公開できる情報は公開したがる」会社です。今回も上記のような理由で(いつも通り)断行してしまった可能性は大いに考えられます。

しかし、ユーザ視点からすると「はてなダイアリー」と「Myはてな」とでは「グローバル」の公開範囲が違うという意見は出てきますし、元々「はてなダイアリー」用にカスタマイズしてきたプロフィールですから「はてな全体」になった場合、色々不都合が出てくる可能性もあります。今回のプライベート問題におけるはてなとユーザ間の齟齬の大きな原因はその辺りにあるのではと思われます。


現在の「Myはてな プロフィール」はあくまでも「雛形」に過ぎない

はてな」自体のこれまでの機能追加方針などを考えると、今回の「Myはてな プロフィール」の機能実装公開も(有名な)「50%ルール」で行われている可能性が高いです。大抵重大な変更はユーザに前告知もせず断行しちゃう所が「はてならしさ」と言えばそうなのですが。

そのため、現状の「Myはてな プロフィール」はあくまでも「雛形」に近い物と捉えれば、今後もっと使いやすいようにコントロールしていくことは可能なのではと思われます。

実際「Myはてな プロフィール」が実装された次の日(2009/03/06)に本機能のアイデア16件が一気に「検討中」となったことを考えても、今回の変更に対する要望を加味した改修を近々予定している可能性は十分考えられます。


いつものことではありますが、今回のプロフィール機能、そして(毎度発生する)プライベートにおける齟齬の問題についても、生暖かく見守っていきたい所です。

yukichi99yukichi992009/03/07 23:18どうでもいいんですが、プライバシー論ではないでしょうか。

daichan330daichan3302009/03/08 00:48個人情報の是非云々をここでは論じる気はないので「プライベート論」としています。