Hatena::Groupdaichan330

趣味には偏ってないだいちゃんの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-06-28

はてなアイデアの思い出をざっくりと語る

| 18:30 | はてなアイデアの思い出をざっくりと語る - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - はてなアイデアの思い出をざっくりと語る - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 はてなアイデアの思い出をざっくりと語る - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

ということで8年近く続いてきた「はてなアイデア」が遂に来月末7/31で終了するそうです。

個人的には「ようやく終了か…」という思いが強かったりするのですが、何となく自分が「はてなアイデア」を使ってきた思い出などを書き出してみたいと思います。


はてなアイデア」を使い始めた経緯

初めて「はてなアイデア」を使ったのはβとしてサービスが開始された2005年4月からは1年以上遅れた2006年6月でした。

今は終了した「はてなリング」絡みで不具合を報告する場所を探していた過程で行き着きました。

当時、どうやって辿り着いたのか記憶は無いのですが「はてなリング」の不具合を報告したことだけは覚えています。

その不具合報告アイデアが「実装済」になって以降、不具合を見つけた際などに「はてなアイデア」を使うようになりました。


使い始めた当時の思い出

今でこそ「はてなアイデア」でアイデアを報告するために必要なアイデアポイントはそれなりに所有しているのですが、開始当初は全員が一律1000ptからスタートということもあり、始めてしばらくはかなりポイントが足りない状態が続いていました。

本当にアイデアポイントが足りなかった時期に、とある人からポイントを送信していただいて急場を凌いだという記憶もあります。

個人的にハイクなどで「アイデアポイントが足りない」と言っていた人に分与していた機会があったのもその時のことがあったからです(はてなポイントとアイデアポイントとが無関係というものありますが)。

なお、「はてなアイデア」はスタート時が1000ptにも関わらず、アイデアを別途する際の最高ポイント額が1000ptだったりするトラップが仕掛けられている(「そんなことをする人が居るとは思ってなかった」というスタッフの弁があった記憶あり)ため、何人かがこのトラップに引っかかって自滅(?)したという思い出も少なからずあります。


はてなハイク」が始まるまで

はてなハイク」が始まる前の2007年12月までは、ダイアリーやグループを除けば「はてなアイデア」を多用していました。(他にも「人力検索はてな」や「はてなセリフ」も使ったりしていましたが。)

この頃はまだアイデアの処理自体もそれなりに行われていたため、かなりの数のアイデアを立てたり他の人のアイデアに別途したりと活動してました。特にアイデアを使っていたユーザーで記憶があるのはid:xnissy氏とid:wacky氏の2人で(勿論他にもいらっしゃる訳で、アイデアの時価総額ランキングなどを見ると懐かしい顔ぶれの人が見られるのですが)、個人的にはこの2人が「はてなアイデア」ユーザーだったイメージがありました。

なお、「はてなアイデア」の各アイデアにはコメントを書くスペースがあり、その辺りで意見のやり取りや時には煽り合いなどもしていました。ただ、アイデアのコメント欄は一度投稿してしまうと取り消しが効かない仕様であったため、その辺りで失敗した記憶もあります。


はてなハイク」が始まってからしばらく

はてなのサービスとしては、2007年12月に「はてなハイク」が始まり、2008年12月に先日終了した「うごメモはてな」が始まった訳ですが、この頃になるとミニブログ形式である「はてなハイク」を使うことが多くなり、「はてなアイデア」を使う機会はそれまでに比べると減りました。

とはいえ「はてなアイデア」での活動もそれなりに行っていたのですが、この頃になるとはてな側のアイデアの処理ペースが落ちてきた感があるように感じました。

特に「はてなハイク」絡みのアイデアは処理されないことが多く、開始から1年が経つ頃には立てても無駄のように感じ始め(ミニブログという形態もあって直接IDコールした方が早い感じですし)てほとんど立てなくなりました。

他にもtwitterやブログなどで話題にした不具合をはてな側が先に修正するなどもあり、「声が大きい方が通るのか」「はてなアイデアとは何だったのか」などが特に聞かれるようになり始めたのもこの頃だったように思います。


フィードバック制の導入とはてなアイデアの利用頻度激減

2009、2010年と時間を経る毎にはてな側のアイデアの処理ペースが落ちていき、それと同時に自分も「はてなアイデア」の利用頻度が減っていった訳ですが、やはり決定的だったのは2011年11月にβ公開された(現在は正式サービス)「はてなブログ」でした。

はてなアイデア日記」のサービス終了告知にも書かれていますが、「はてなブログ」では独自のフィードバック形式が導入されています。

また、2011年11月にベータ公開したはてなブログや、2013年1月にベータ公開したはてなスペースなど、近年新規に開発を始めたサービスでは、はてなアイデアを利用せず、独自の仕組みでユーザー様からのフィードバックを受け付けています。

はてなアイデアを7月31日に終了いたします - はてなアイデア日記 - 機能変更、お知らせなど

最近の「はてな」はサービスが多様化したことでディレクター制度による分業制が取られていますが、サービス毎に個別管理するフィードバックが導入されたことから、サービス全体の不具合や要望を管理する「はてなアイデア」は近いうちに終了するんだろう(とはいえ、そこから1年半以上続きましたが)と思うようになりました。


終了によせて

という状況であった所に今回の「はてなアイデア」の終了告知だった訳ですが、「はてなアイデア」というサービスがほとんど動いてなかった現状も踏まえて、個人的には先にも書いた通り「ようやく終了か…」という思いが非常に強いです。

ただ、「はてなアイデア」が終了になることでユーザー側からはてな側の動向が今以上に見え辛くなることが気がかりです。(ブコメにも何人かが書かれていますが、最近の「はてな」は閉塞感が以前よりも強くなっている。)

しなもんが「はてな」から居なくなり、その次のお知らせが「はてなアイデア」終了告知ということで、やはり「はてな」的にも大きな区切りを迎えようとしているように感じますが、今後一体「はてな」はどのようになっていくのかにも注目していきたい所です。

2013-06-24

雑文

| 01:04 | 雑文 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 雑文 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 雑文 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

自分がしなもんの訃報を知ったのは、偶々「はてなハイク」のマイページの「ファン」欄にれいこんさんが挙がっており、そこからはてなブログへとリンクを辿った訳だが、当該エントリーを読んだ際の率直な感想は「悲しさ」よりも「寂しさ」の方が大きかった。

「悲しさ」が余り沸かないのは、ペットを飼ったことがない自分(今後も飼う予定は現状無い)にとっては、ペットの死と近親者の死が同等足りえるのかを客観的に比較することができないからだと思う。

それよりも「寂しさ」もとい「寂寥感」が強かったのは、ブコメにも何人かが書かれている「一つの時代が終わった」感が強かったからだ考えている。


思い返せば自分が「はてな」を知ってサービスを使い始めてからもう10年近くになる訳だが、自分がサービスを使い始めた(最初は「はてなダイアリー」から使い始めた)頃には、「はてな」の黎明期から居た近藤家の飼い犬・しなもんは既に「はてなの会長」であり、それが「はてな」における暗黙の「既定事項」でもあった。

そんなしなもんが亡くなり「はてな会長」の座が不在になることは、「はてな」にとって一つの転換点とも言えるべき事態ではないのかとも思う。

はてな」における転換点と言えば、京都から東京に進出した2004年やシリコンバレーに進出した2006年、シリコンバレーから京都に出戻ってきた2008年などが挙げられるが、その間も「はてな」と共にあり続けてきた「はてな会長」しなもんの今回の訃報は先に挙げた出来事よりも実は大きな転換点なのかもしれない。

これまでの転換点が「章立て」だとすれば、しなもんの訃報はそれこそ「はてな 第一部完」と言える程の転換点のような気がする。

ちなみに今月2013年6月の頭(厳密には5月末日ではあるが)には、これまで4年近くはてなが任天堂と協業でサービスを運営してきた「うごメモはてな」が終了した。そして今回のしなもんの訃報、まるで何かを意図しているかのようなタイミングであるとも言える。


これからしなもんに代わる「はてな」2代目会長が擁立されるのか、それとも「名誉会長」としてWebとしての「はてな」では生き続けるのか、それはまだ分からない。

仮に2代目が擁立されるとしても、近藤家やはてなスタッフがそうするに至るまでには、まだ暫く時間が掛かるのではないかと思う(確か、しなもんには子供が居なかったはず)。

しかし、しなもんが不在となった「はてな」の「第二部」は今既に始まっていると考えることもできる。そんな「はてな 第二部」が今後どうなっていくのかはまだ見当すら付かない。

来年の梅雨を迎える頃、「はてな」はどうなっているのだろうか。「しなもんが居た頃の方が良かった」と言われるのか、それとも「しなもんは居なくなったけど、今の『はてな』が良い」と言われるのか、少しばかり気にかかる所である。

NonieNonie2016/05/11 22:42nov10 Me acabo de enterar por aquí que Paquirrín va a ser padre, ya que los programas del corazón me dan bastante igual.En cuanto al comentario de la chavala, un tanto hiriente. Efitmevatence, quizás hagan más falta Roger Rabbits que hagan reír, que atractivos Bugs Bunny con un encefalograma plano.Por cierto, qué gracia tiene el bebé machorro.

BrandieBrandie2016/05/13 02:24I love the fringe on it! My family has two cats who look like yours, they are sisters from the same litter. One of them is named phantom. Half of her face is <a href="http://zjyceb.com">brne/orwd</a> the other side is gray so she looks a little like the phantom of the opera.

2012-10-02

「はてなOne」「はてなハイク2」終了に伴う「はてなハイク」におけるユーザー・キーワード非表示方法の変更

| 17:53 |  「はてなOne」「はてなハイク2」終了に伴う「はてなハイク」におけるユーザー・キーワード非表示方法の変更 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  「はてなOne」「はてなハイク2」終了に伴う「はてなハイク」におけるユーザー・キーワード非表示方法の変更 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記  「はてなOne」「はてなハイク2」終了に伴う「はてなハイク」におけるユーザー・キーワード非表示方法の変更 - 趣味には偏ってないだいちゃんの日記 のブックマークコメント

昨日2012年10月1日に「はてなOne」「はてなリング」「はてなハイク2」その他複数のサービスが終了しました。

「はてなOne」「はてなまとめ(仮)」「はてなハイク2(仮称)」「はてなリング」と、一部のラボサービス終了実施のお知らせ - はてなの日記 - 機能変更、お知らせなど

はてなOne」「はてなハイク2」が終了したことに伴って、「はてなハイク」におけるユーザー・キーワードの非表示方法が変更になっています。

もう少し具体的に言うと、「はてなハイク」内でユーザー・キーワードの非表示が可能になりました


非表示の設定

PC

ユーザーページ・キーワードページの右側サイドバーの一番下に「非表示設定」という項目が出るようになりました。

f:id:daichan330:20121002174600p:image

このリンクをクリックすると「非表示設定」の画面に移動でき、非表示にすることができます。

mobile版

ユーザーページ・キーワードページにおいて、フッタの一番下に「非表示設定」の項目が追加されました。

f:id:daichan330:20121002175001p:image

touch版

ユーザーページ・キーワードページの「Profile」タブにおいて、「規約違反を通報」の下に「非表示設定」の項目が追加されました。

f:id:daichan330:20121002175804p:image


非表示の解除

非表示の解除も同様に、非表示にしたユーザー・キーワードのページに移動し、「非表示設定」から解除することができます。


注意点

  • 自分自身を非表示にすることは不可
  • サブアカウントを非表示にすることは可能
  • 非表示設定を解除しようとすると「はてなココ」の解除ページに飛んでしまう(PC,mobile共通)


なお、ユーザー・キーワードの非表示設定に伴って非表示化される内容については、以下のエントリーを参照してください。